Individual Entry

Arcrise Archives(2)「水谷×御影 対談」ノーカット版(後編)

プロモーションチームの高島です。さて、いよいよ発売日ですね!

すっかりご無沙汰してしまったこの「Arcrise Archives(アークライズ・アーカイブズ)」発売当日にして第2回目となる今回のテーマは、第1回に引き続き「制作スタッフの情熱・マーベラスエンターテイメント水谷プロデューサー×イメージエポック御影制作プロデューサー対談」のノーカットバージョン後編、満を持しての公開です。

なお本日は、この公式ブログも発売を受けて更新ラッシュになる予感・・・!?
ゲームプレイの傍らに、リアルタイムでどうぞお付き合いください!

***********************

3)押しつけでない「新しさ」で共感を

―― 『アークライズ ファンタジア』(以下ARF) のプロモーションでは、際立って個性的なシステムというのはそれほど強調されてませんね。

水谷 最近のゲームのなかには、新しさが言い訳になっているものもあると思います。「新しいから良い」という可能性はたしかにあるんだけど、求められてない新しさを、システムという名のもとに曲解して押しつけてしまう可能性もあると思います。そこはエンターテインメントの本質に立ち戻って、ユーザーが何を求めていているのかという接点に気がつかないと。ギミックはしょせんギミックでしかないんです。

今のユーザーは情報がすごくたくさんあって、昔と違い最初から直感でどういうゲームかわかるし、情報の取捨選択の基準が変わってきてる。従来のゲームでいうところの「なんとか合成システム」はさほど重要じゃないと思うんですよね。

御影 システムのうんちくを語りすぎるデメリットも確実にあると思いますよ。

―― 悩ましいところですね。ゲームの記事なのにシステムの説明がないのは、ゲームとしてどうなの? という迷いはあります。

御影 そこはキャラクターが21世紀で変わったように、ゲームのプロモーションも変わっていくべきだと思うんです。業界としてその壁をぶち破っていかないと、いろいろな商品が売れなくなってしまう。現代は情報と同じくらい、作品も多様なチャネルになってきています。『ARF』のインタビュー取材で感じるのは、みんなが口を揃えて「ほかのRPGと何が違うのか?」っていうことを探りあっている感じなんですね。

ネットも同じで、たとえばログレスは「召喚獣みたいなもの」、斬新なシステムって言っても○○○に近いよね、という感じで「〜みたい」ってぜんぶ切り捨てられて終わってしまう。だからあえて、それは意味がないんじゃないかって。もっと言うと、システムのウンチクを語る人は、そもそも『ARF』には興味を持ってくれないと思います。

―― 「新しさ」と言う意味では、今回はシステムよりも「キャラクター」に集約しているわけですね。

御影 僕はいつも「誰にどんな作品を届けたいか」をキモに制作しているんですけど、今回はキャラクター、声優、シナリオ重視型RPG好きの3つのコンセプトに対応するユーザーのみなさんが、楽しめるように作ったつもりです。

水谷 『ARF』の場合は、「いまWiiでこんなゲームがやりたかったでしょ」って、真っ正面から言い切ることがいちばん大事なんじゃないかって思うんです。そのうえで「キャラのファーストインプレッションを最も重要視しています」でその次に「このキャラたちをこんな舞台とこんなシステムに乗せています」っていう具合に、システムはあくまでキャラを際立たせるギミックとして見せるべきなんじゃないかと。

御影 これは社内でいつも言ってるんですけど、オリジナルゲームを作れなくなったらイメージエポックの存在意義はない。昔こうだったから…じゃなくて、いま何が必要なのかを考えてチャレンジをしていかないと、何も得られないと思っているんです。

だって、イメージエポックが倒産しても悲しんでくれるユーザーさんはさほどいないでしょう。だったら皆が喜んでくれて悲しんでくれるくらい成長しきるところまで走りきらないと、そもそも僕達の存在意義が無いんです。

水谷 僕がゲーム業界入りたての頃、ちょうど新しいRPGが次々に生まれていた時代だったので、RPGは新しさの象徴であり、あらゆるゲームの中心だったんです。それが今は王道から脇道にそれたり、システムに特化しすぎて、ただただ複雑になり、進化の袋小路に入り、大作・シリーズもの以外は成り立たない空気になってる。でも、その流れを変えていきたい。

さらに言えば、御影さんがイメージエポックで言っていることと同じ意味で、この先マーベラスが生き残っていくためにはフラグシップとなるRPGが絶対に必要。それが生み出せないと、ゲームファンに対してマーベラスのアイデンティティはいつまでも見出せない。だからこそ真心込めて、作ってきたんです。

御影 マーベラスって、ここ2〜3年で空気が変わりましたよね。ネットの評判を見てもがんばっているという声が結構あります。でも、たぶんその言葉は過去に対してのもので、最近思うんですけど、ゲーム会社ってユーザーの2〜3年先を走ってなきゃいけないんですよ。それで作った作品を後ろに置いてくる。だから、頑張っていると言われてる頃には、次の作品を作ってなきゃいけない。

そういった意味では、『ARF』はそれにふさわしい作品になったと思います。それに現在もすでに新しい挑戦も始まっていますし。『ARF』の次に新たなキャラRPGが出てきたとしても、当分は負けないと胸を張れる作品だと思っています。作り上がったときにスタッフみんなに、本当にありがとう、って思いました。

水谷 あとはユーザーのみなさんにどこまでそれを伝えられるか。自分が信じているものを売りたいので、そこは死にものぐるいでがんばります!


No comments yet:



このアイテムは閉鎖されました。このアイテムへのコメントの追加、投票はできません。

Meta Information:

タイトル: Arcrise Archives(2)「水谷×御影 対談」ノーカット版(後編)
投稿日: '09/06/04 - 04:27
カテゴリー: 対談未収録編
次の記事:  » ディレクターの金丸です(秋葉原レポ)
前の記事:  « カウントダウン水谷:6 発売前日です

HOME