Archives

シャトナーさんの愛

こんにちわ、ヨシPです。。。


さてさて、リアルタイムで日常もさらけ出してしまう『メモ・リアル』ですが、
今回、みなさんにお見せしていないのが、
途中の稽古の様子・・・。

当初は、この辺の様子も映像配信したいと思っていましたが、
思った以上に過酷になったため、
お見せしたら、みなさんが心配するだろうと、
急遽取りやめました。
それは、最初のシャトナーさんとの映像をご覧になったら
予想していただけますよね(笑)。


今回、急遽シャトナーさんに演出として入っていただいたのは
結構悩みました。
噂では、厳しい方だと聞いていたし、
この企画は、全てをお客さんに楽しんでもらう企画・・・
でも、本当に成長するのも企画の主旨・・・。

これはプロデューサーとして、作品を左右する
岐路に立たされたわけです。
悩み・・・悩み・・・悩んで・・・
決めました。 シャトナーさんにお願いしようと。

いきなり結論を言うと、この決断は大成功でした。

みなさんにお見せしていない稽古は
確かに痺れるものが多かったです。

・全く表現できないキャストたち

・檄を飛ばすシャトナーさん

・キャストとともに凍り付いてしまう稽古場

・理論的に”演劇とは””芝居とは””役者とは”を
 説明するシャトナーさん

・真剣にキャストが聞き入ること小一時間

など、ドキュメンタリーとしては、最高の瞬間ばかり。
でも『メモ・リアル』としては、ちと重いかな・・・。


でもね、シャトナーさんにお願いしてよかったのは、
その厳しさは全てキャストへの愛そのものだからなんです。

シャトナーさんの言葉に応えることができたキャストたちに
シャトナーさんは全く同じ目線になって芝居を付けてくれるんです。

まるで友達同士が遊んで、この方が面白い、じゃあこっちはこれが面白いと
どんどん盛り上がっていくかのように、
キャストがネタを出せば、シャトナーさんがじゃあこれは!とかぶせ、
更に、キャストがそれをひねってくる・・・と、
まさに男子たちの遊び場そのもの。
見ている僕らが、ちょっと羨ましく、妬ましい気持ちにもなるくらいです。

それも、シャトナーさんの愛そのものだからだと思うんです。

演者と演出の、これほど素晴らしい関係を僕は見た事がないです。

あえて言えば、キャストたちは良くその要求に応えたなと思います。
自分の全てをさらけ出してしまわなければいけない芝居。
格好付けられるかどうかなんて、そんなの考える間もないし
考えてちゃいけない。。。
もう、どんどん自分が壊れていきます。
でも、その先に新しい自分や、何かを伝えようとしている自分がいるんです。
そのことに、まっすー、ナオと順々に気づいていく。

その変貌ぶりは、まさに『メモ・リアル』の真髄だった気がします。
すいません・・・その瞬間を皆さんにお見せできなくて。
そういう意味ではプロデューサー失格ですね。


こうしてシャトナーさんの愛を持って生まれ変わっていくキャストたち。
その結果として、千秋楽のサプライズへと繋がっていくわけですが・・・
それはまた、別のお話。。。

腹を割らなきゃ・・・

こんばんわ ヨシPです。

さて、スタートした『メモ・リアル』 the THEATRE!ですが、
前回ほどスムーズではありませんでした。

というのも、今回チャレンジする「アドリブ芝居」が
彼らのメインフィールドであるがゆえに、
目標地点を簡単に設定できなかったんです。

それは、キャストそれぞれで
目指す役者像だったり、
芝居の方向性だったりは全く別だからです。

キャスト5人も相当悩んでいましたが
僕らも悩みました。

悩んでいてもしょうがないので、
『メモ・リアル』では異例の
撮影なしで、腹割って話そうという会を
催したりもしたんです。

それぞれ、どんな役者になりたいのか、
どこへ向かおうとしているのか。
アドリブに対するイメージや、
目指すところなど。。。

ご飯食べたり、お菓子つまんだりしながら
ざっくばらんに。
あえて、お店にせずに会社の部屋で
レジャーシート敷いて、
まるで友達の家に集まったみたいにしてね(笑)。


とはいえ、まだ打ち解けてない部分もあって
このときどこまでみんなが話せたかは
わかりませんが、こんなことを繰り返しながら、
少しづつ、少しずつ、『メモ・リアル』は
進んでいったんです。


その他にも、今回はちょいちょいとキャストたちと
話を良くしましたね。
美緒とさしで話もしたし、
ナオまっっすーとご飯に行ったり、
オッキーと二人で語り合ったり、
それでも、まだまだ時間が欲しかった。。。

それは、キャストたちが一番そう思っていたと思う。

やっぱり、ひとつのことをやるときに、
腹を割って、話し合うのって
本当に大事だと思う・・・。

初日・・・・

自分の立ち位置をなかなかつかめないナオ。

う〜ん・・・どうしたものか???

しかし、この日は なんとナオの誕生日直前。
事前にサプライズを企画し、
しかも遅刻のためにじっくりと他の4人と
打合せをする時間もで出来てしまったから、
抜かりなく進行するわけです。

全ての撮影が終了し、お疲れ様〜の声とともに
みんな各自雑談し始めたときに・・・
「みんなお疲れ。金子くんだけちょっと話があるから残ってくれる。
 みんなは部屋から出てかえる準備をしてて」
と僕が始めたわけです。。

キャストたちも始まったなとニヤニヤ・・・。

ナオは、後で聞いたら緊張したそうです。
そりゃそうですよね、いきなり遅刻して、
プロデューサーに呼ばれたわけですから。

それなりにこの企画の大事な
チームワークの話をし、
みんなで力をあわせなければいけないんだと刻々と言い、
最後に、自分以外に金子くんに一言言いたい人がいるから
ちょっと呼ぶよ・・・と。

ナオはこのとき、
「本当にちゃんと誤ろう。
 真剣に誤ろうと」と思ったそうです。

そこに現れたのは、キャストたち・・・。

しかしなぜかトリはいない(笑)。
まぁこの後は映像をご覧ください。


ナオは、キャストたちに謝りながら
周りがクスクス笑い始めて
「なんかおかしいな」
と思ったそうですが、
でも、それを突っ込めるほど
まだ、この頃のナオは大物ではなかった、、
っていうか、普通ですよね。
大人気ないのは僕らです(謝)

サプライズのあと、
おっきーの提案で呼び名を決めることに。
まっすー、美緒、おっきーはいつもの通り。
鳥越くんは、トリくん、トリちゃんに決定。
金子くんはナオくんに決定。

可笑しかったのは、
美緒が、「仲間なんだから呼び捨てにしようよ」と。
みんなも賛成したのに、
おっきーが、「じゃぁ美緒さんが言うように呼び捨てで」
って、さん付けてんじゃん!って
みんなに突っ込まれてた(笑)


ナオはこの日はまだ自分の居場所を
見つけられなかったのかな・・・。
本当に意味で『メモ・リアル』は日々が始まった日でした。

5人のキャストが決まるまで・・・

こんにちは、ヨシPです。

『メモ・リアル』は不思議なもので
やってる最中は辛くて「もう次はないかな」と思うのですが、
終ると新しいキャストの成長を見たいと思うようになるんです。

今度は何やろうか?
どんな試練を与えようか? と、
PartyのDVDイベントが終って強く思い始めた僕は
メインスタッフのキャビィと小虎さんと集まって
緊急会議をして今回の大まかな企画は決定しました。



さて、問題はキャスティングです。
Partyとは出来るだけ変えて、
新しい成長を見たいと思ったので、まずはメンバーチェンジありき・・・
とはいえ、全員”初メモ・リアル”だと
こちらがちょっと大変かなと。

というのも、この企画ってわかりづらいんです。
舞台での公演があるのに、
一番みなさんに見てもらいたいのは、
彼らの成長だってこと。
つい、”舞台のためにどうする・・こうする”と
考えてしまいがち・・・
それは、キャスト本人も事務所もなのです。

だから、あえて1人は残ってもらいたいなと。

ということで、
まっすーは早々に決まりました。
前回の頑張りが凄かったし、後半で彼は僕らも驚くほど変わったので
もう一度一緒にチャレンジしたいなと思ったわけです。

まっすーと言えば、黄色いジャージの仲間たち。
前回ミツが出演していたので、
残るは・・・ということで
美緒とおっきーに相談。
ほぼ、快諾でした。

さて、問題はあと1人・・・
僕の中で、新しい風を入れたかった。
いつも僕らが付き合ってるキャストじゃなくて、
未知のキャストと一緒に仕事をして
これからにつなげたい・・・。

そこで頭に浮かんだのが、トリでした。
あっきーや、郷本くんが出演の舞台を始め、
事務所主催の舞台で何度も顔をあわせたことのある
トリ。
僕がまだ名前を覚えてないころから、
「吉井さんこんにちわ」と言って
挨拶をしてくれていたんです。
しかも、なんどか観た舞台で
演技も歌も素晴らしいことは良く知っていたので
ここぞとばかりにオファーし、快諾!

よし!
と思ったけど、冷静に4人を並べてみると、
増田、紅葉、山沖、鳥越・・・
これは、ちょっと仲間はずれ感がするなと。

そこでピン!と来たのが
あのサッカー舞台。
トリが出演していて、もう1人出演していたんです。
そう、金子直史・・・ナオです。
実は、僕は話したことどころか、面識さえなかったんです。
でもね、以前に事務所主催の舞台を観にいったときに、
凄く格好よくて、凄く演技がうまくて、
なんだか目が離せなかったんです。
木戸くんを面会したときに聞いてみたら
「ナオくんはすっごくいいですよ! 僕は大好きです!」
って、ものすごくいい笑顔で言ってたんです。
それを思い出した僕は、即オファーに行ったんです。
唯一、会ったこともない子をオファーしてしまったんです(笑)

こうして、5人が決定しました。。。

この頃は、この5人がどうなるか
全く予想もしていませんでした。
まさか、こんな仲になるなんて・・・

『メモ・リアル』 ・・・

こんばんわ、ヨシPです。

『メモ・リアル』という作品が始まって
もう3年がたったんですね。
通と奨悟から始まって、
サトちゃんと木戸、
そして、まっすー、ミツ、もっくん、
美緒、ナオ、おっきー、トリ。

長いようで、あっという間なようで、
本当にいろいろありました。

そして、今回のthe THEATRE!が
終ったわけですが、
本当に今思い返しても凄かった・・・。

キャストたちも言ってましたが、
僕にとっても、きっといつまでも
忘れないと思う作品になりました。

まずは、起こったことを僕が覚えてる限り
書き記していこうと思います。

とはいえ、ご来場いただいけなかったお客さまに
一体何が起こったか・・・
掻い摘んで説明するところから始めたいと思います。

アドリブ劇にチャレンジした、
増田俊樹、紅葉美緒、金子直史、山沖勇輝、鳥越裕貴の5人

幕が開いた東京初日は、まだまだ緊張の色が隠せなかったですが、
翌週の25日には、神がかり的に良くなったんです。

そこで僕らは『メモ・リアル』らしい暴挙に出ました。
なんと、次の名古屋公演では、
もともと稽古していたおとぎ話の3本(白雪姫、赤ずきん、ピノキオ)ではなく
新しい”シンデレラ”を上演することを、
本番中に発表!
もちろん一番驚いたのはキャストたちです。

そして、千秋楽の大阪では、
おとぎ話はお客さまに観たい演目をその場で選んでもらうことにもしました。

そして、3話構成だった職業パートでは、
まさかの4話目を発表!
これも、その前の夜に急遽僕からキャストに相談し、
千秋楽の本番の朝にやることを決定。
場当たりの時間を利用して急遽みんなでエチュードをしながら
大まかな流れだけを確認して、後は本番でぶっつけで
上演してしまいました。

こうして書くと、ちょっと笑えないですね。
凄いを通り越して、ヒドイですね。

ただ、5人はそれを乗り越えたんです。。。

最後には、シャトナーさんはじめ、スタッフからの
コメントをサプライズで発表。
このとき、舞台上にいることを忘れてしまったと、
5人は後で言ってました(泣)


さて、、、、
では、6月まで戻って
今回の『メモ・リアル』について
書いていきたいと思いますが・・・

それはまた・・・別のお話で

千秋楽を終えて・・・

こんばんわ、ヨシPです。

本日、『メモ・リアル』 the THEATRE!が千秋楽を迎えました。

ご来場いただいた皆様、
まべちゃんをご覧いただいた皆様、
これまで応援していただいた皆様、
本当にありがとうございました。

企画を考えた僕自身、
ここまでの感動を自分が覚えるなんて、
思いもしませんでした。

最後のお見送りの挨拶の時
彼らが頑張ったことをみなさんに伝えていて、
ステージの上で思わず泣きそうになってしまいました。

彼らが頑張った姿を思い返してしまったんです。


まべちゃんを見ていただければわかると思いますが、
最初は、本当に大変でした。
だって、初対面のメンバーだっているんですから。

それから、生放送を繰り返し・・・

海に行って・・・

古着屋に行って・・・

シャトナーさんにダメだしをされ・・・

それぞれ体験をし・・・

稽古で苦労し・・・

みんなで話し合い・・・そして

気がつけば、今日を迎えていました。


すいません、
今日はまとまったブログが書けそうにありません。
本当にここまでの4ヶ月間のいろんなことが
頭の中に浮かんでは消え、浮かんでは消えて
一向に落ち着かないです。

改めてブログは書きますので、
今日はお許しください。

ただ一言だけ。
あの5人は本当に頑張りました。
不可能に近い状況を、力を合わせて乗り越えたんです。

帰り際、新幹線を降りて、
”お疲れ様、じゃあ、またね”といったのに
誰一人として帰ろうとしないんです。
ナオは「これで終るのが信じられない」って。
本当にそうでした。
まっすーはじっとみんなの顔を見ているし、
トリは大きな声を出すし。。。
それぞれのやり方で、自分の整理を付けようとしていました。


そんな、僕らの終り方でした。
また、会うことを約束して今日は分かれました、
最後に全員でハグして・・・。