NEWS

若手社員座談会

採用 インタビュー

 

 

マーベラスを受けたきっかけ

Yoko
私はプランナー志望として応募をしました。大好きなゲーム業界かカメラ業界に入りたいと思っていました。
ナビでゲーム業界を検索したらマーベラスが出てきて、聞いたことある会社だなと思い選考に参加しました。
会社の説明会に参加して、ゲームだけでなく音楽や舞台などをやってるのを知って幅広い会社だなと、可能性をすごく感じました。

Oka
私はエンジニア志望として応募をしたのですが、「牧場物語」が好きでよく遊んでいました。舞台「ペルソナ」も見に行ったことがあり当初から第一志望でした。 ゲーム業界全般で就職活動をしていて、ゲーム関連の会社はソーシャルに偏っている会社が多い中、マーベラスは他の事業にも力を入れていてとても好印象でした。

Kyo
私はデザイナー職志望で応募をしました。
就職活動をする際に、自分の好きなゲームをリストアップしてそれを制作している会社を調べました。その際に出てきたのがマーベラスでした。
プリキュアなどのアニメも好きで、よくマーベラスのCMを目にしていたので「あ、あの会社だ!」とすぐにピンときて、応募しました。

 

 

入社してみて感じたこと

Oka
エンジニアとして、とても自由度が高い会社だと思いました。新入社員でもとても意見が出しやすいです。
「一年目だから」という扱いをあまり受けることがありません。
「このシステムはこの方が良いと思います」など提案をしやすく、また上下関係も垣根が低く自分の意見や提案を受け入れてくれる体制があるのでもっと成長して自分からもっと提案をしたい!というモチベーションになっています。
私は色々面倒をみてくれるメンターの方とも席も近くて、一人で作業をずっと行っているというよりかは先輩に教えてもらっている時間や相談している時間も非常に多いです。チームも仲が良く、ゲームの話や趣味の話など、とても和気藹々(わきあいあい)としながら仕事が出来ています。
お昼休みは同期で集まってゲームをしていますし、「プログラミングが楽しい」と同じくらい「楽しい仕事環境がある」というのがとても素敵な会社だと思いました。

Kyo
デザイナーも意見をすごく求められます。
企画の方から「こういうポーズのカードを作りたい」など相談を受けて、「ではこうしましょう」など一緒に話合いながら作品を作っていくイメージです。 技術職として一人で作業を黙々とするイメージがあったのですが、企画職の方や先輩など周りの方とたくさん話をしながら作品づくりをしていくのが
とても意外で新鮮でした。

Yoko
プランナーとして現場配属されたのですが、自由度が高いのはもちろんのこと、それでもみんな真面目なのが意外でした(笑)
ゲーム業界の会社は出社時間や退社時間がめちゃくちゃだったり、オフィスがとても汚れていたりするイメージがあったのですが出退勤時刻もきちんとしていて、またオフィスも清潔なので、締めるところは締めている真面目な会社なのだなと思いました。
あと、この会社はプロジェクトメンバー全員が自分のコンテンツがとにかく大好きです。
「このキャラはきっとこんなセリフを言うよね」とか、その妄想から企画やイラストがスタートすることが多いです。
そのように皆が自分の作品に愛着を持ち、作り出すことを楽しんでいるからこそ常に前向きに業務に励めるやりがいを感じています。

 

今後の抱負

Oka
エンジニアとして、今は、それどうやったらできるかな?で止まってしまうことが多いので
自分のできることを増やして、企画側が希望する以上のもので答えられるエンジニアになっていきたいです。
また、マーベラスには色々な事業があり様々な交流会があるのでエンジニアとしてデバイスに限定されない知識の吸収を積極的に行っていきたいです。

Yoko
プランナーとして入ったからには、自分で面白いゲームを世に出したいですね。
近い目標は今やれることが広がって来たので、やれること増やしてプロジェクトの中心になっていきたいです。

Kyo
デザイナーとして直近だとスピードを上げて業務量を増やしたいです。最終的にはキャラクターデザインなど
自分のオリジナルのデザインを考えていきたいです。

全員
お互い頑張ろうね(笑)
みんなでマーベラスの名前をもっともっとメジャーにしていきたいです。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加 submit to reddit