NEWS

ソーシャルゲーム/プランナー Tatsu (2014年新卒採用)

インタビュー

就職活動の開始からマーベラスに入社を決めるまでの背景を教えてください

就職活動の際に受けていた企業は、キャラクターグッズやゲーム関連、出版系を受けていました。と言いますのも、ゲームに出てくる様なかわいいキャラクターを作る事に携われる企業で仕事がしたいと考えていました。

マーベラスという会社は『閃乱カグラ』で知りました。受けたきっかけも『閃乱カグラ』で、あそこまでコンセプトが独特な面白いゲームを作るなんて、突き抜けている会社だなと感じていました。アニメでもマーベラスは知っていましたが、ミュージカル『テニスの王子様』は受けようと思ってから作っているのを知りました。選考自体は応募をしたらすぐ入社が決まったという印象です。ちょうど私が好きなマーベラスのゲームタイトルが発売された時に応募をしたのでよく覚えています。選考途中での印象はよく人を見てくれているなと感じました。面接官の方が応募書類の中身をしっかり読んでくださっていました。好きなエンターテイメントの欄に、結構マイナーな作品を記載したのですが、その作品を調べてくださっていた様で、その話題をたくさん出来た事が嬉しかったです。 他のゲーム会社も受けていましたが、マーベラスは、私の好きなキャラクターが出てくるゲームタイトルを作っているという事もあって、入社を決めました。

 

 

入社してみて感じた事を教えてください

入社前とのギャップはあまり感じていません。本当に好きな事が出来ています。頼もしい先輩も多く、好きなジャンルのゲームの話で盛り上がれます。この仕事が好きなのだなという方が多い印象です。

仕事に関しては、ソーシャルゲームの発注書、シチュエーションやキャラクターに合わせたポーズ、服装デザインの指示を行っているのですが、あまり好きではなかったキャラクターのデザインを考える事も必要になります。その際に、ユーザー目線を大事にする事、作る側の視点を持つ事で、今までの自分になかった発想や気づきを得られているなと感じます。すでにやりがいも感じていて、自分で作ったキャラクターのカードが、ユーザー投票で一番の評価をもらった時はとても気持ちが良かったです。  

 

今後の目標を教えてください

キャラクターを一から作る事を目標にしていたので、まずはそれを実現したいと思っています。構想はまだないのですが、時代の流れをよく見定めてキャラクターを作りたいです。後は『ツンデレ』の様な属性を表す言葉を自分が作って、それを世の中に広めたいです。

 

 

現在就職活動を行っている方へ一言

就職活動中はゲーム会社に入社するために特別なことはやっておらず、完全に消費者の立場でした。ただ、こういうゲームを作りたい、こういうゲームが好きだという思いは持っていて、その信念を曲げなかったことが、今につながっていると思います。これから就職活動をされる方々も、自分のやりたい事をやってほしいです。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加 submit to reddit