NEWS

コンシューマゲーム/プランナー Miya (2016年新卒採用)

インタビュー

 

どんな就職活動をしましたか?

ゲーム業界を志望した動機はとても単純なもので、興味の無い業界で働きたくない、というものでした。数年であれば我慢できるかもしれませんが、数十年と付き合うことになるのですから、それだけは真面目に考えました。そうして、働きたくないなあと考えた業界を全て避けていった結果、残ったのがゲーム業界だったのでこの業種を志望しました。マーベラスに入社した理由は、受かった企業の中で最も堅苦しくない、という雰囲気を感じたからです。他の会社はどことなく、働きたくないと感じたような業界特有の堅苦しい雰囲気がありましたので、あまり乗り気にはなれませんでした。

 

 

マーベラスってどんな会社ですか?

中学校の雰囲気を思い出すような会社です。この業界で働く人々はどこか子供らしいというか、いつも何かしら楽しそうに作業をしています。また、フロアによって部署が違うのでまるで学年が違うように雰囲気がガラッと変わります。特に人事部などの管理系のあるフロアは、職員室みたいな雰囲気がバリバリ出てます。同じプロジェクトの方は、クラスメイトみたいな感じで割と気軽に色々な人に話しかけられますので、入社してよかった一番の点はそこでしょうか。どの業界でも上下関係はつきものだと思っていましたが、過度に気にする必要はない会社です。

 

 

今後の目標はなんですか?

現在のプロジェクトには新人ながらもUIの制作進行を任せられてプロジェクトに深く関わることが出来ているので、当面の目標は現在のプロジェクトを成功に導くことです。その過程で、プランナーとして必要な技術や考え方は大いに学ぶことが出来ていますし、プロジェクトを初期段階から完成まで通して経験することは得難いものだと思うので、かなり恵まれた状況だと思っています。ゆくゆくは、何かしらゲームを一本自分の主導で作ることが出来ればと考えていますがそれはまだまだ先の話になりそうです。

 

 

 

就活生へアドバイスをお願いします。

気負わずに、素の自分のままでいることです。面接官には学校の先輩に話しかける程度の気楽さで行きましょう。最近のゲームについて何か思うことがあれば、それを話してみるのも手です。間違いなくきちんと聞いてくれます。それを語るうえでゲームに対するあなたの心意気のようなものを伝えることが出来ればきっと良い結果に繋がります。自分の場合は、最新作の某ゲームがマジでクソゲーだったぞ、という文句を副社長にぶつけていたら内定を貰えていました。そんな経緯でこのようなアドバイスを書いているので、参考にする場合は自己責任でお願いします。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加 submit to reddit