NEWS

アミューズメントゲーム/エンジニア Masa (2016年新卒採用)

インタビュー

どんな就職活動をしましたか?

大学時代、情報系の学科でパソコンを扱っていたことと、ゲーム製作に魅力を感じていたことから、IT・ゲーム業界に絞って就職活動をしていました。その時から自分でゲーム製作をしていたのですが、様々な分野の技術を詰め込んだうえで、ひとつのゲームを作っていくということに魅力を感じていて、もっと取り組みたいと強く思っていました。就職活動の中でマーベラスに出会い、インターンシップで素敵な社員の方々と交流したことがきっかけで、興味を持ちました。その後、マーベラスがコンシューマやアミューズメント、オンラインゲームといった幅広いジャンルでの実績があることを知り、自分も様々な経験ができると思いマーベラスに就職することを決めました。

 

 

マーベラスってどんな会社ですか?

頼りになる先輩がたくさんいる会社です。先輩から受ける日々のプログラミング指導はもちろん、先輩の会議での受け答えの仕方などの細々としたことに至るまで、一つ一つ学ばせてもらっています。また、技術力の高い、尊敬できる先輩が身近にたくさんいることでエンジニアとして常に刺激を受けていますので、マーベラスは自分の力を伸ばすには最適な環境だと思います。同期入社の仲間も素敵な人たちばかりで、一緒に食事に行ったときには、プロジェクト(配属先)あるある話や将来こんなゲームを作りたい!という話などで大いに盛り上がります。自分の周囲には魅力的な人がたくさんいる、と感じながら働いています。

 

 

今後の目標はなんですか?

現在はアミューズメント施設に置かれるアーケードゲーム製作に取り組んでいます。自分の製作範囲は主に画面表示に関連するプログラムです。プログラムを製作するにあたって、エンジニアはもちろん、デザイナーやプランナーとも話し合いながら進めています。ゲーム業界を志望した時も、幅広い分野の技術を駆使して製作することにゲームの魅力を感じていましたが、改めて、エンジニアの分野だけでなく、様々な専門職の技術の上にゲーム製作が成り立っていると実感しています。エンジニアとして、プランナーやデザイナーからの要望を実現できる知識と技術力を身に着け、エンジニアリーダーになることが現在の目標です。

 

 

就活生へアドバイスをお願いします。

とにかく行動して様々なことに取り組むのが良いと思います。取り組みの中で自分の力がつくことはもちろん、多くの作品に触れることで興味を抱けるものが見つかりそれを仕事にしようって思えるかもしれません。実際にゲームを製作してみるのはゲーム製作に関してより具体的なイメージが掴めるので是非試して下さい。ゲーム製作は様々な分野の知識の上に成り立つものです。それが分かるとゲームがより面白く感動的なものになるはずです。その思いを様々な体験とともに面接で話すのは重要なことだと思います。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加 submit to reddit