NEWS

アミューズメントゲーム/プランナー Mori (2016年新卒採用)

インタビュー

どんな就職活動をしましたか?

昔から読書が好きだったのですが、高校生の頃、「物語にグラフィックや音楽が加わり、更に自分で操作することができるゲームは、本より一層物語の世界に入り込むことができる!すごい!!」と思い、ゲームクリエイターを志すようになりました。大学進学後は地元のゲーム会社でアルバイトをしながら、ゲーム作りの現場を見てきました。その会社にそのまま就職したいという思いもあったのですが、やはり一度は東京に出て勉強してみたいという思いもあり、東京で就職活動を行いました。マーベラスに入社を決めたのは、就職活動で訪れた会社の中で、面接等で会った人たちの雰囲気が、一番自分に合っていると思ったからです。あと、内定をいただいた会社の中で一番初任給が高かったというのも理由の一つですね(笑)。

 

 

マーベラスってどんな会社ですか?

事業部によって雰囲気が違うかもしれませんが、関わる人たちがみんな良い人たちで、話しやすいというのが良いところだと思っています。ひとり慣れない地に越してきて、不安もかなりありましたが、事業部のみなさんのおかげで結構楽しく過ごせていると思います。そういう意味では「面接等で会った人たちの雰囲気が、一番自分に合っていると思った」という私の勘は正しかったんだな、良かったなと思っています。あと、仕事に対してですが、ゲームセンターやイベント会場等で、自分が関わったゲーム機を実際にプレイする人たちが見られるというのは、とっても嬉しく、やりがいがあって好きですね。

 

 

今後の目標はなんですか?

現在は、既にゲームセンターに置かれているアーケードゲームを、より良くバージョンアップしていく仕事をしています。新しい要素を加えたり、より遊びやすく改変したりと、やることは尽きず大変ですが、ゲームセンターやイベントで実際にプレイしている人の顔を見ると、もっと良いゲームになるように頑張ろう!と思います。アミューズメント事業部は、コンシューマーやオンラインとは異なり、ハードウェアから自分たちで作るというのが大きな特色だと思っています。なので、いつかはハードウェアに超絶こだわって、新しい遊びが生み出せるようなゲームを生み出したいです!

 

 

就活生へアドバイスをお願いします。

面接はとっても緊張すると思います。でも、落ち着いて頑張ってください!他社面接での経験ですが、私も就活時代、はるばる東京にやってきたのに、面接前に迷子になり、面接時間に間に合わなかったことがあります。ふつうなら絶望する状況ですが、人事の方にすぐ電話し、相談することで、時間をずらして面接してもらえることになり、面接も通過することができました。焦る状況こそ、落ち着いた対応をすることで、ツキが回ってくると思います!落ち着いて、しっかりと自分を出せれば、きっとうまくいきます。頑張って下さい!

 

このエントリーをはてなブックマークに追加 submit to reddit