NEWS

コンシューマーゲーム/プランナー Shin (2014年新卒採用)

インタビュー

就職活動の開始からマーベラスに入社を決めるまでの背景を教えてください

 

テレビ、映像コンテンツ、ゲームなど「エンターテイメント」をキーワードに、エンターテイメント業界に絞って就職活動していました。

その中でマーベラスに興味を持ったきっかけは「朧村正」というコンシューマーゲームでした。調べてみるとマーベラスは他にも、アニメや舞台などを手がけていて、それぞれジャンルにとらわれない作品展開が魅力でした。この会社ならマルチコンテンツ・マルチユース・マルチデバイスを意識して作品を作っていける、そう考えてマーベラスに決めました。

また、面接などの選考過程においては、「相手がどんな人間なのか」と内面をきちんと見ようとしてくれる質問が多く、また任せて貰える範囲が広そうと感じたのが志望度の高まった理由の一つです。

 

 

入社してみて感じた事を教えてください

 

みんな忙しいけど、楽しみながら仕事をしていて、「業務に追われる」のではなく「自分の意志で更に面白いものをつくろう」と考えているのが伝わってくる職場です。私自身、他の職種の方々とも意見交換する機会も多く、純粋に恵まれた環境にいると感じています。新卒であっても、どこまでも挑戦させてもらえる会社です。それは入社前の選考で、面接官と話した事とギャップは無かったです。

私はタイミングが良いことに新しいプロジェクトに入ることができ、企画の立ち上げから実装、偉い方々へのプレゼンなど作品が製品になっていくフローを一緒に作りあげていくことが出来ています。現在、キャラクターのスキルや敵キャラの仕様、マップの制作などをメインに担当しています。自分の作り上げたものを先輩に都度確認をしてもらうのですが、合格を貰えるスピードが上がってきているので、今後、更にスピード感を持って面白いものを作っていきたいです。

 

 

今後の目標を教えてください

妖怪でもモンスターでもない、人々を「ゾワッ」とさせるようなホラー系のゲームを作りたいです。また、180度違うかもしれないですが、笑いの要素をたくさん取り入れたゲームも作ってみたいです。また、せっかくコンシューマーの配属になったのでやはり次世代機には挑戦をしたいです。マーベラスの高木プロデューサーが部長をしている「爆乳ハイパー発明部」という部活動があるのですが、そこで発案されていた『ヘッドマウント・パイプレイ』のようなどうしようもなく尖った作品制作にも挑戦してみたいです(笑)

 

 

現在就職活動を行っている方へ一言

好きだから、という理由でエンターテイメント業界を目指す人は就職活動でウソをつかなくていいはずです。

面接などで自分が何を好きか、何で好きかという気持ちをきちんと自分の言葉で語ることが何より大切だと思います。

その上で嘘のない等身大の自分を評価してくれる会社がきっとあるはずなので、最後まで自分を偽らず活動することが、エンターテイメント業界で楽しく自分にあった会社を探す秘訣だと思います。

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加 submit to reddit