NEWS

コンシューマゲーム/プランナー Miho (2017年新卒採用)

インタビュー

どんな就職活動をしましたか?

昔からゲームに限らず、漫画やアニメなどが好きで自分で描いてみたり、バンド活動をしたり小説を書いたり、様々な創作活動を経験してきました。 就職活動を意識した時、今までのように1人で何か作るのではなく、多くのクリエイターが協力し、一つの作品を作り上げていくような仕事がしたいと思うようになりました。 また、ゲームは自分が能動的にプレイすることでのみ体験が進むという点で、より濃密な体験をユーザーに提供できるということも、ゲーム特有の魅力に感じられたので、ゲーム業界ほぼ1本に絞り、就職活動を行いました。 マーベラスの面接で会社に入ったらやりたいことを聞かれたとき、「もしそれが叶わなかったらどうする?やりたくないことだったら?」と更に質問され、「できることを精一杯して結果を出して、任せてもらえるように頑張ります」と答えたところ、「自分も同じ考えです」と面接官が賛同してくれたことが心に残り、マーベラスへの入社を決めました。 今でもその言葉を思い出して、業務のモチベーションにしています。

 

 

マーベラスはどのような会社ですか?

マーベラスは、とにかく色々な人がいます。 少しでもゲームを良くしたいがため、1つの機能に関してもよく悩み、よく話し合います。 すると、全く違う視点からのアイデアが結びつき、どの個人だけでも思い当たらなかったような、面白い結果になることもあります。 プランナーだけでなく、デザイナー、エンジニアの方のアイデアが仕様の芯になることも多々あります。 マーベラスには、セクションの分け隔てなく面白いものが採用されていったり、難しい機能を実現するためにお互いがアイデアを出し合って形にしたり、「みんなでゲームを作っている」という空気があります。

 

 

入社して担当した最初の業務は何ですか? そこから成長したと感じるのはどのような点ですか?

家庭用ゲームのデバッグです。ひと月弱の間、バグチェックを行いました。 色んな攻略方法を試して報告するという作業や、初めて触れる開発機など、面白いと感じる要素ばかりだったので、思った以上に時間が早く過ぎていきました。 現在では、UIの仕様や武器の仕様など、様々な仕様の制作を担当しています。今のプロジェクトに参加した当初は、仕様書って何? どう書いたら? というレベルでしたが、先輩の熱い指導を受けて仕様書として形にできるようになってきました。 その際、デバッグプレイでやったことを思い返して、バグが出てしまうような仕様抜けがないよう出来るだけ気を遣っています。 自分の考えた仕様がビジュアルに起こされ、実際にゲームで遊べるようになると、感動です。

 

 

今後の目標は何ですか?

入社して1年も経っていませんが、多くの業務を任せていただいています。 今後は、できることや知識を増やしていきたいです。 先輩に質問をすると様々な分野でも問題なく返答をくれることに驚き、憧れています。私もそうなれるよう、日々吸収しています。 目の前の業務をこなすだけではなく、ゲーム全体を俯瞰して見ていけるようになりたいです。そしていつか、自分の考えた企画でゲームを作ることが目標です。

 

 

就活生へアドバイスをお願いします。

協調性や常識は大事ですが、他の人に合わせようとばかり思ってはいけません!  もちろんマナーには気を遣った上でですが、私は出来るだけありのままで臨むようにしていました。 何をモチベーションとし、どう貢献できるか、そのためにどんな経験をしてきたか、ということを先に思い返しておきます。 実際にそれを話した時に、マーベラスでは会話が弾み、楽しく面接を終えることができました。「描いた同人誌持ってきてないの?」と聞かれたので、作品がある方は是非持っていくといいと思います(笑) 面接の思い出は、思い返すと面白い・楽しいことばかりでした。 面接では緊張することもあるかもしれませんが、自分の考えをよくよく見つめ直してから行くことで、緊張していたとしても、自然に答えられるようになってくると思います。 エンターテイメントのプロに、自分の思いをいっぱい吐き出してみましょう! 素敵な答えが返ってくるかもしれません。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加 submit to reddit