NEWS

コンシューマゲーム/プランナー kei

インタビュー

どのような就職活動をしましたか?

小学生の頃からマンガを描いてみたり、小説を書いてみたり、大学ではちょっとした車やロボットを作ってみたりなど、とにかくモノづくりが好きでした。もちろん、その中にはゲーム作りもありました。いざ仕事選びをする時に、ずっとしていて楽しいのはなんだろうと考えました。そして遊ぶのも作るのも楽しい「ゲーム作り」を仕事にしたいと考え、ほとんどゲーム業界に絞って就職活動をしていました。 マーベラスを選んだ理由は、開発現場の人だけでなく、人事の方もいい意味で砕けた感じで、全体的に気軽に会話ができるような雰囲気があったからです。またいろんな事業を展開している会社なので、単一の事業だけの会社よりも、刺激的で見聞を広められると考えたからです。

 

 

マーベラスはどのような会社ですか?

私が携わっているのはコンシューマゲームですが、オンラインやアミューズメントのゲームや舞台に携わっている人などがたくさんいるので、特に同期の人からその業界ならではの体験談を聞くことができるのは、刺激的ですね。今まで観劇の経験はなかったのですが、初めてマーベラスの舞台を見た際には、自分の知らない空間に飛び込めて、とても新鮮な体験ができたと感じました。 また、職場の雰囲気についてですが、学生の時によく聞かされた職場の上下関係とか窮屈なお約束とかがほとんどないです。もちろんあくまで学生ではなく、いち社会人としての振る舞いは必要ですが、「ここはこうした方がもっと良くなるのでは?」という意見をガンガン飛ばせる雰囲気です。たとえ意見が間違っていたとしても、それを糧としてまたチャレンジしていこうと思えます。

 

 

入社して担当した最初の業務は何ですか? そこから成長したと感じるのはどのような点ですか?

私の最初の業務はコンシューマゲームのデバッグでした。自分で見つけたバグを報告したり、ユーザーから報告されたバグを検証したりしていました。そうしたデバッグ業務では、会社としてゲームを開発することの難しさと、プログラマーやデザイナーの方との連携の大切さを実感しました。しばらくしてそのタイトルがリリースされたので、今は新しいゲームをどう面白く作るかを決める仕様書をバリバリ書いています。

 

 

入社してから、あなたが一番成長したと感じるところは何ですか?

学生の頃からゲーム制作をしていましたが、独学のため感覚的に作っているところが多かったです。アイデアを出しても、なんとなくしっくりこないことが多く、長い時間悶々としてしまうこともありました。いまは、「その場面ではプレイヤーがどういう遊び方をして楽しむのか」という軸を意識して、考えるべきことを言語化して考えられるようになってきていると感じます。そこが、自分で成長できたと感じる部分です。

 

 

就活生へアドバイスをお願いします。

ありきたりですが、やっぱり素の自分で面接に挑むのが一番だと思います。特にエンターテイメント関連の業界を目指している方なら、それが好きで志した人が多いと思うので、好きという思いを素のまま伝えることが、他業界よりも大事になってくると思います。 あと、遊べる時には遊ぶことが大事です。自分が就活中の時、周りの人も適度に遊んだりしてメリハリをつけている人のほうが、いい結果を残せていることが多いと感じました。ちなみに私は面接前日にサバイバルゲームをやって、全身筋肉痛の状態で面接を通過しました(笑)。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加 submit to reddit