NEWS

ライブエンターテイメント事業部 maho

インタビュー

どのような就職活動をしましたか?

学生時代、舞台美術を専攻で学んでいましたが、舞台美術家や空間デザイナーになるか、広告系に進むか、就職先に悩んでいました。 そんな時に友達に誘われて観に行った舞台がマーベラスの『弱虫ペダル』でした。舞台を観終わった後も感動と興奮が止まらず、舞台の世界に行きたいと強く思いました。なによりも、『弱虫ペダル』のような素敵な舞台を作ってみたいと思い、観劇後の電車の中でマーベラスにエントリーしました。

 

 

マーベラスはどのような会社ですか?

自分らしく、働ける環境が好きです。マーベラスは服装や髪形も自由ですし、私の部署は裁量労働制の方が多いので、自由な時間に出社して、帰宅することが出来ます。その分、自分の仕事に責任を持たなければなりませんが、やりがいにつながります。 また、舞台は直接、お客様の反応を見ることができるのでやはり楽しいです。舞台に感動してくれるお客様を見ると、舞台を作ることができて、私は本当に幸せだなと感じます。

 

 

入社して担当した最初の業務は何ですか? そこから成長したと感じるのはどのような点ですか?

最初の仕事は会場でのお客様のチケットの確認作業で、座席とチケットの券面が合っているかを確認していました。今は、チケットを販売してくれる協力会社の方とのやり取りを任されており、どうやってチケットを売っていくかという仕組みを学んでいます。

 

 

入社してから、あなたが一番成長したと感じるところは何ですか?

自分で業務自体のスケジュールを考え、行動できるようになったことです。複数の作品を同時に任された時に、作品ごとの進捗状況の確認をしながら、それぞれの作品に切り替えて業務を遂行することができるようになりました。入社当時は言われたことをひたすら頑張る!とがむしゃらにやっていましたが、今は自分の仕事の優先度を考えながらも、1つ1つ丁寧に取り組んめるようになりました。

 

 

就活生へアドバイスをお願いします。

自分に自信を持って就職活動に挑んでください。面接は自分を知ってもらう機会なので、企業と真摯に向き合い一生懸命になれば、気持ちがきっと伝わります。時には辛いこともありますが、就職活動を行事のように楽しんで取り組むことで、新しい気づきを得ることが出来ると思います。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加 submit to reddit