NEWS

人事部 nami

インタビュー

どのような就職活動をしましたか?

私は出版系を目指していたのですが、その傍らゲーム会社や印刷会社、銀行など、あれこれ思いついた会社を受けてみていました。その中でマーベラスはゲームのプランナーとして応募していたのですが、先行の途中で人事部門への応募の話をいただきました。就職活動を始めたときにはまったく想定していなかった選択肢が突然現れたような形ですが、「ゲームや舞台を作っている人たちを外から見るのも面白いよ」という言葉に惹かれ、最終的にマーベラスに入社することにしました。

 

 

マーベラスはどのような会社ですか?

自由で寛容な会社だなと思います。社員の方を見ていると本当に色々な人がいて、色々な働き方をしています。「仕事が趣味です」みたいなタイプの人は本当に活き活きと働いているし、子育て中の方はテキパキ仕事をこなして家のことまでされています。私自身は仕事もしっかりしつつ、趣味には全力で打ち込みたいと思っているので、それを可能にしてくれるフレックス制や周囲の環境が本当にありがたいです。

 

 

入社して担当した最初の業務は何ですか? そこから成長したと感じるのはどのような点ですか?

人事部の仕事は入ってみるまでまったく未知数だったのですが、最初の段階からかなりいろいろなことをやらせてもらいました。入社者のオリエンテーション、勤怠管理、産業医面談の設定、有期雇用の管理…。最初のころは本当に業務を覚えることだけに必死で、言われたことを言われたままにこなしていくような感じでした。最近はようやく自分のやり方というか、「ここはこうした方が効率がいいな」といった余裕ができてきました。余裕が出てきた分、これからはもっと自分の担当業務外のことにもチャレンジしていきたいです。

 

 

入社してから、あなたが一番成長したと感じるところは何ですか?

はじめの頃は何もかも分からないことばかりで、手当り次第にトレーナーや周囲の先輩に「社員の方からこういう問い合わせが入ってるんですけど…」「こういうときどうすればいいですか?」と頼りっぱなしでした。ですが今は業務についての知識がある程度ついてきて、自分の持っている知識で応対ができるようになりましたし、先輩方に確認するにしても「こういう状況なんですけどこの対応でいいですか」というやり方に変わってきました。とはいえ、人事部として必要な知識はまだまだあるので、早くそれらを身に着けられるよう精進したいと思います。

 

 

就活生へアドバイスをお願いします。

就職活動はやっぱり体力的にも精神的にもすごく疲れることなので、息抜きというか休息の時間をしっかり取ることが大事だと思います。 私は企業研究と称してずっと舞台のDVDを見続けてましたし、ゲームもいっぱいやりました。人によって息抜きの手段はさまざまだと思いますが、適度に力を抜いて楽しんでください。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加 submit to reddit