NEWS

オンラインゲーム/エンジニア Yu

インタビュー

 

どのような就職活動をしましたか?

私が中高生の頃、とあるPC格闘ゲームが流行っていました。その最大の特徴は「自分の好きなキャラクターを1から作ることができる」というもので、それが私の人生で初めてのプログラミング経験となりました。
自分の作ったキャラクターが自分の記述通りに動くというのは、未経験では知り得ることができない貴重なものでした。
その経験から、私はゲームプログラミングの世界にのめりこんでいき、プログラマーを目指すようになりました。
就職活動はゲーム業界のみに絞っていましたが、マーベラスは良い意味で日本的なゲームを作る会社で、ほかの会社には見られない独特な作風に魅せられて入社を決意しました。

 

 

マーベラスはどのような会社ですか?

入社から、プロジェクト配属・業務開始までの期間がスピーディーな会社です。
配属後すぐに、実際に稼働しているプログラムを読み、加筆・修正する機会があります。プロが書いたプログラムには学ぶことも多く、自分の担当しているゲームをより面白くする作業にはやりがいを感じます。
すぐに業務にあたると聞くと付いていけるか心配になるかもしれませんが、トレーナー制度があり、業務上わからないことがあれば先輩が真摯に教えてくれるので安心して業務にあたることができます。

 

 

入社して担当した最初の業務は何ですか? そこから成長したと感じるのはどのような点ですか?

私が初めて担当したのは、キャラクターを自動で編成する機能の実装です。
編成は手間のかかる作業で、無数のアイテムやキャラの中から最適な組み合わせのチームを作成するのは大変な作業でしたが、自動編成機能の実装により非常に快適なゲームプレイを実現することができました。我ながら素晴らしい機能になったと自負しています(笑)。
この機能がないとゲームが成立しないというわけではありませんが、簡単に実装できるこの機能を通すことでプレイヤーのプレイ体験向上に役立てたことに達成感を感じています。また、この経験から「努力を惜しまない」ということを学びました。

 

 

入社してから、あなたが一番成長したと感じるところは何ですか?

最も成長できたと感じるのは、他人とプログラムを共有するために必要な能力です。
他人が書いたプログラムを読む機会は、学生のうちはほとんどありませんでした。しかしプロジェクトに配属されると、そこには既に他人の書いたプログラムがあります。私はまずそれを読み込み、内容を深く理解する必要がありました。
そのような日々の業務の中で、プログラムの読解力はだんだんと向上していきました。なにより、自分がプログラムを書く際に「分かりやすさ」を重視した上で記述するようになりました。

 

 

就活生へアドバイスをお願いします。

ゲームに限らず、プログラムを仕事にするためには論理的思考能力が必要です。高度な学問も良いですが、たまには基本に戻り、算数の問題を眺めてみると新たな発見があるかもしれませんよ。
説明会や面接は技術職のプロに接する機会となりますが、ぜひ今までのゲーム制作経験やプログラムの知識に自信をもって、リラックスして臨んでください。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加 submit to reddit