NEWS

オンラインゲーム/プランナー Kana

インタビュー

 

どのような就職活動をしましたか?

業界を絞らず、保険会社や食品メーカー等、様々な企業を受けていました。
ただ、漫画の執筆や二次創作、動画制作等の趣味を活かせると思い、出版社は意識的にエントリーしていました。その流れで、ゲーム業界も受けてみようと考え、マーベラスに応募しました。入社の決め手は、面接で飾らない自分を出せたことです。思ったことをそのまま伝えた結果、内定となったので、「多分1番自分に合っている企業なんだろうな」と感じ入社を決めました。

 

 

マーベラスはどのような会社ですか?

新卒に色々任せてくれる会社です。とはいえ丸投げにされるわけではありません。
進め方の説明や、提出物に対する細かいフィードバックをしてもらえる環境があり、初めての仕事でも安心して取り組めます。
また、自分のトレーナーに限らず、周囲の先輩たちは皆、私にアドバイスや、困っているときの手助けをしてくれます。プロジェクトの全員が、新卒をちゃんと見てくれているのも魅力のひとつです。
ただ、1番の魅力は、上下関係等が窮屈ではなく、良い意味でゆるいところです。上司と「インタビューでは上司を持ち上げること言ってよ(笑)」「後ろ向きに検討します(笑)」と冗談交じりの会話を交わせる程度にはゆるい職場です。上下関係を必要以上に意識する必要がなく、かといって慣れ合うわけでもなく、丁度良いバランスが保たれている職場だと感じています。

 

 

入社して担当した最初の業務は何ですか? そこから成長したと感じるのはどのような点ですか?

資料を読み込みつつ、キャラクターデザインをするイラストレーターさんに大体のビジュアルイメージを伝える発注書を書いていました。初めは、文章や簡単なイラストからキャラクターを想像することや、イメージの文章化に苦戦していました。
現在は、キャラクター性を踏まえた上で色々提案できるようになったと思います。文章からキャラクターを掴むコツ、アイデアを出すためのキッカケづくり等、細かいスキルが積み上がっていると感じています。1番の成長は、提案したものがボツになってもいちいち凹まないメンタルを手に入れたことですが(笑)。

 

 

入社してから、あなたが一番成長したと感じるところは何ですか?

当たり前ですが、商品としてのコンテンツを意識するようになりました。いちユーザーとしてゲームやアニメをただ楽しむだけではなく、「なぜ面白いのか?」「ストーリー、キャラクターのテーマは何か?」あるいは「なぜ面白くないのか?」「どうしたら面白くなるのか?」を、より意識するようになりました。開発者の視点、インプットと分析はゲーム開発に携わる者として必須なので、これからも磨いていきたいと考えています。

 

 

就活生へアドバイスをお願いします。

人生に一度の就活です。余裕がない日々が続くと思いますが、できれば気負わずに楽しんでください。幅広い業界を見て、実際に社員の話を聞いて自分に合った業界、業種を探すも良し。徹底的に自己分析をして、1つの業界に絞り情報を集めるも良し。周囲の言うことは話半分に聞きつつ、後悔の無いように、自分のやりたいようにやってほしいと思います。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加 submit to reddit