NEWS

アミューズメントゲーム/プランナー Oka

インタビュー

 

どのような就職活動をしましたか?

エンターテイメント業界を中心に様々なジャンルの企業を受けたのですが、特に、面白いものを誕生させられて、自分が楽しいと思える仕事を志望していました。
私は昔からゲームセンターのキッズカードゲームが好きで、大学生の当時でも子供たちに混ざって遊んでおり、マーベラスはキッズカードゲームで独特な面白いゲームを作っていたので、興味を持ちました。また、面接の際に「これからもアミューズメントゲームをどんどん展開していきたい」と面接官から聞いて、一緒にやってみたい、他にないものを作れそうだと思いました。これが入社の決め手です。

 

 

マーベラスはどのような会社ですか?

とても仲良く、仕事がしやすい会社です。
企画書を書いたあと、上司にすぐ見せて、フィードバックをもらう機会が多いので、良い経験をさせてもらっていると感じます。大企業すぎないのでちょうどいい距離感とスピード感を持っているのが良い点ですね。

アミューズメント事業部では昼休みに部長と新人が混ざってボードゲームをしています。
入社1年目から部長に勝てるチャンス(ゲームですが)が回ってくるのは面白いです(笑)。
また、服装と髪形が自由な点は個人的に本当に良かったです。仕事内容だけでなく、見た目から面白くなっていいのです。

 

 

入社して担当した最初の業務は何ですか? そこから成長したと感じるのはどのような点ですか?

企画書の作成です。「好きなコンシューマゲームをアミューズメント化してみろ!」というお題を頂いて、書きました。
それ以降も何本も企画書を書き続けていますし、今後も続けていきます。
その中で、「面白い」ことはもちろん必要ですが「アミューズメントの良さは何か」「ターゲットにウケるのか」「利益を生むのか」など理論的な要素も企画書には必要だと学びました。
自分で書いた企画書の数が増えていくにつれて、見た目や色使いが綺麗になり、簡潔に伝える力がついてくるのを肌で感じることもできました。

 

 

入社してから、あなたが一番成長したと感じるところは何ですか?

ゲーム業界、アミューズメント業界の知識を蓄えたことです。
プランナーという職業は面白いことを考えなくてはならないので、その引き出しを増やすのも仕事です。
業務中にゲームセンターを回って現場の状況を見る、ゲームに関するイベントやセミナーなどに参加して知識を蓄える時間をマーベラスは与えてくれます。
今後もゲームに限らず面白いことすべてにアンテナを張って情報収集を続けていきます。

 

 

就活生へアドバイスをお願いします。

面接では固くなりすぎず、いつもの自分を見せられるのが一番です。マーベラスの面接官は優しい人ばかりなので、ゲームに詳しいおじさんと話しに行くぐらいの気持ちで十分です(笑)。
面接前日は企業研究など難しいことはせず、自分が子供のころ遊んでいたキッズカードゲームのことを思い出して調べたりしていました。
逆質問でよく使っていたのは「どうやったら出世できますか」です。
あまり頑張りすぎて目が死なないようにしてくださいね。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加 submit to reddit