NEWS

コンシューマゲーム/エンジニア Kei

インタビュー

 

 

マーベラスはどのような会社ですか?

自分の挑戦してみたい、という気持ちを尊重してくれる会社だと思います。
チームに配属されてから「どういうことをやってみたい?」と聞かれ、UIを作ってみたいと答えたところ、そのままUI担当をさせてもらいました。
また、「どうやって実装しているの?」など、周囲に相談したり聞いたりしやすい環境であることは、入社してよかったなと感じる部分です。他にも、一つの会社の中にコンシューマ・オンライン・アミューズメント・舞台など、様々なエンターテイメントに関わる人が多く居るところが面白いと思います。

 

 

現在担当している業務の具体的な内容を教えてください。

ユーザの装備を整える画面、アイテムの売買をするショップ、ステージを選択する画面など、ユーザーインタフェース(UI)と呼ばれる部分の実装を担当しています。担当する前は、UIは実際のゲームプレイ部分とは関わりが少ないだろうなと想像していましたが、やってみると、画面に表示するためにキャラクターモデルの仕組みに詳しくなったり、パラメータ計算に手を入れたりと、ゲームプレイの要素にも広く関わることができたので、面白いです。

 

 

これまで、どんな経験を積んできましたか?

チームに配属されてすぐは、デザイナーの作業効率化のためのツール制作をしました。そこからゲームの基本的な仕組みを学び、UI、セーブデータ操作、デバッグ機能開発、パラメータ設定の仕組みづくりなどを経験しました。アイデア出しに参加したり、プレイヤーの使い心地がより良くなるような提案を、エンジニア目線で行うこともありました。
ゲーム制作以外にも、新入社員エンジニア向けに研修を実施したり、トレーナーとして育成に携わったりもしました。

 

 

 

入社してから、一番成長したと感じるのはどのような点ですか?

エンジニアだけでなく、プランナーやデザイナーともコミュニケーションを取ることが多く、相手がどういう結果を求めているのかを考える力は入社当初より鍛えられてきたかなと思います。
受け取った仕様とデザインをそのまま実装するのではなく、その画面でやりたいことは何なのか、どうしてこの見た目なのかをヒアリングし、常に実装の目的を考えるよう心掛けていました。また、より良い提案を思いついたら、臆さず積極的に議論に参加するようにしています。

 

 

今後の夢・目標を教えてください。

入社時の目標のひとつだった「コンシューマゲームのエンディングに名を残す」実績は、すでに達成してしまいました(笑)。
直近の目標は前回のゲーム実装の反省を糧に、より使いやすいUIの実装に挑むことです。また、プロジェクトに携わる中で、効率化や仕事の進め方の見直しといった分野にも興味が沸いてきており、プランナーやデザイナーの作業を効率化するツールの研究、作成にも取り組んでみたいと思います。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加 submit to reddit