NEWS

アミューズメントゲーム/プランナー Nao

インタビュー

 

 

マーベラスはどのような会社ですか?

自分次第で年齢や部署・部門の関係なく交流することのできる会社です。
私はアミューズメント事業部に所属しています。入社当初から「こんなことがやりたい」「自分にはこれができる」といった自信や願望を持っていたのですが、マーベラスではそれをどうすれば実現できるのか、こうしたらもっと良くなるんじゃないかといった意見を伝えてもらえます。やりたいことを受け入れ、出来ることを広げてくれました。
私はいま入社3年目なのですが、自分の企画を1本進めてもらえています。マーベラスに入社して、アミューズメント事業部に配属されてよかったなと思っています。

 

 

現在担当している業務の具体的な内容を教えてください。

私はアミューズメントゲーム機のハードウェア(外側の大きな箱の部分、ゲーム筐体)の企画をしています。
どうすれば目を引くハードウェアになるか、どうすればゲームの面白さがより伝わるか、どうすればもう一度ゲームをしたいとプレイヤーに思わせることが出来るのか。どのサイズならゲームセンターに置きやすいか等、書き出したらキリがないほど様々なことを考えています。

 

 

これまで、どんな経験を積んできましたか?

アミューズメントマシンに関する知識の深掘りと、物作りの仕組みを学んできました。
アミューズメントマシンは実際に触って、目の前で動かしてみないと面白さが伝わりづらいゲームのため、現地(ゲームセンター)に赴き知見を深めることを行いました。
また、ゲームの中身ではなく外側のハードウェアの企画を行っているため、物の加工や生産、組み立ての工程を学んでいます。

 

 

 

入社してから、一番成長したと感じるのはどのような点ですか?

技術的な点と、思考的な点の2つで成長したと感じています。
技術的には、IllustratorやPhotoshop、STRATA、Excelといった様々なツールを使えるようになりました。ポスター制作やゲーム筐体のデザインラフの作成といった業務を行えるように一から学び習得しました。
思考的には、目的や目標を最優先に手段や期間を定められるようになってきていると感じています。ただし、所属プロジェクト以外の業務でも、たとえ自分に負荷がかかったとしても困ってる人がいたら極力助けたいと思います。

 

 

今後の夢・目標を教えてください。

プレイヤー(遊んでくれる方々)もオペレーター(ゲームセンターの方々)も幸せになれるマシンを、企画、製作し続けることが目標です。
アミューズメント事業部には、ゲームを遊ぶプレイヤーと、ゲームマシンを購入してくださるオペレーターの二種類のお客様がいます。100円入れたら100分遊べるゲームは、プレイヤーからしたら良いかもしれないですが、オペレーターは、それではよくありません。
双方が満足する企画を考え、制作することが使命だと考えています。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加 submit to reddit