NEWS

コンシューマゲーム/デザイナー Jin

インタビュー

 

マーベラスはどのような会社ですか?

マーベラスは新卒社員に対しての研修がかなり充実しており、社員のやりたいことや適性に応じて能力を伸ばすという体制をとっています。その期間の成長によっては、なかなかやらせてもらえないようなメイン級の仕事が降ってくることもあるので、掴みたいチャンスが転がっている会社なのではないかと思います。
また、会社自体が残業時間にもかなり気を配ってくれているのも魅力の一つかと思います。

 

 

現在担当している業務の具体的な内容を教えてください。

武器のデザインと三面図を絵で描き起こすという仕事をしています。これはモデラーに3Dモデルを作成してもらう前に必要な仕事となります。
ゲームにおける武器というのは、めりこみや当たり判定によって面積がかなり制限されるので、シルエットやディティール、構造のバランスが重要となっており、やりがいがあります。
また、カメラアニメーションを付けたり、キャラモデルの表情を操作することでゲーム中のデモムービー、カットシーンを作るといった仕事もしています。

 

 

これまで、どんな経験を積んできましたか?

ゲームビジュアルの世界観やステージのコンセプトアート、武器のデザインといった2Dアートワークの経験はとても楽しく、やりがいのある仕事でした。
デモムービーはゲームをプレイする人のキャラ愛を刺激したりストーリーの盛り上がりを演出するといった、感情に直結する部分ですので2Dとは別の「楽しませたい!」という気持ちを強く持って製作に取り組んできました。
チームでのモノづくりは個人的な製作と異なる難しさや楽しさがあり、小規模ながらも率いる側と、率いられる側を両方とも体験できたことも大きな収穫だったと考えています。

 

 

入社してから、一番成長したと感じるのはどのような点ですか?

ビジュアルを作る力はもちろんですが、カメラワークやライティング、レイアウトといった画面の絵作りそのものへの知見が深められたかなと思います。
ゲームは絵画やイラストと違って様々なツールやプログラムを用いて総合的な絵作りを行うため、パーツを作って組み合わせていくのですが、その作業中にふと、絵画やイラストをやるときに考えなければならない要素がわかってきたりして、そこがとても面白いです。

 

 

今後の夢・目標を教えてください。

アートワークチームの一員としてのスキルを上昇させ、更に魅力的な世界やデザインを描いていきたいです。それと同時に、もっと3D技術やプランニングへの距離を縮めて、地形やモデルといったゲーム本編で扱われる絵作りへの視野も開拓していきたいと考えています。
やはりゲームは見た目だけではなく「実際にプレイすること」がとても重要だと思いますので、今後は遊びと見た目の合致による楽しさというものを作れるデザイナーになっていきたいと思っています。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加 submit to reddit