INTERVIEW社員インタビュー

コンシューマゲーム/デザイナー Ashi

 

どのような就職活動をしましたか?

学校では主にプログラミングなど情報に関して学んでいて、学生生活の傍らでゲームやCG制作をしていくうちにゲーム業界に興味を持つようになりました。
ゲーム制作の中でもキャラクターモデリングに興味があり、人生一度しかないと思い就職活動はデザイナーとして進めました。
マーベラスに決めた理由は『閃乱カグラ』や『DAEMON X MACHINA』などの自社IPに加えて、他の会社と協力して数多くのコンシューマゲームを開発しており、多くのキャラクターモデリングに関わることができると思ったからです。

 

 

マーベラスはどのような会社ですか?

現在は在宅での勤務が多いですが、PCなどの環境はもちろん支給されますし、わからなことがあればチャットや通話で気軽に質問できるので、安心して働くことができています。
社内の雰囲気としては、皆さんゲーム好きな方が多く、ゲーム制作に対してまじめな方が多いなと感じました。それにともなって周りにレベルの高い方が多いので個人的にはとてもやる気につながっていると思います。

 

 

入社して担当した最初の業務は何ですか? 

ゲームシステム検証用(ゲームプロト)のラフモデルの制作でした。
プランナーやエンジニアなど他の職種の方とデータのやり取りや確認など、業務のながれの学習を行っています。実際のゲームに使用するモデルではありませんが、ゲームを面白くするうえで重要な工程なのでとてもやりがいがあります。
またこちらの業務と並行して研修課題モデルの制作も行っており、研修課題で技術力を伸ばしつつ業務でコミュニケーション能力を伸ばすことで、バランスよく多くの経験ができていると感じています。

 

 

 

入社してから、あなたが一番成長したと感じるところは何ですか?

DCCツールの使い方などゲーム制作における知識です。
研修を通して数多くのDCCツールを各制作工程で使い分けながらキャラクターを作成し、各DCCツールの強味についても知ることができました。
またそのなかでもモデル作成における制約や表現方法など、実際のゲーム制作の現場でなければ学べないことは多いと感じました。

 

 

就活生へアドバイスをお願いします。

学校が美術関係ではなかったため周りにポートフォリオの制作方法などを聞ける人がいなかったので就職活動中ではとても苦労しました。
面接の逆質問ではポートフォリオの改善点を聞いたり、二次面接で修正したものを提出したりと、就活真っ最中でも修正に修正を重ねていました。
就職活動を通して問題点や改善点が見えてくると思います。気づいた部分はその都度修正していくなどの向上心を大切にしていけば企業に認めてもらえると思います。