INTERVIEW社員インタビュー

コンシューマゲーム/エンジニア Ryo

 

 

マーベラスはどのような会社ですか?

色々なことに挑戦ができ、多くの経験を積むことができる会社だと感じています。
自分が今まで触れたことのない分野や技術にも関わらせてもらうことができ、その中で行き詰った際も多くの先輩、チームメンバーから助力してもらえるので、経験を積んで成長をするのに適している会社だと思います。
また、他職種であるデザイナーやプランナー、先輩の方とも気兼ねなく相談できるので、風通しが良いと感じています。

 

 

現在担当している業務の具体的な内容を教えてください。

現在はUIやエネミーを主に担当しています。
UIはゲーム中にプレイヤーの画面に常駐するHUD(ヘッドアップディスプレイ)や、一部メニューを作っていています。作業によって見た目のクオリティが上がっていく過程は楽しく感じますし、関連するゲーム内のプレイヤーやシステムなどにも足を踏み込めるのでやりごたえもあります。エネミーは単体の移動処理やアクションなどを組み込んでいます。
プレイヤーのアクションと紐づいて機能を作ることが多く、ゲームを作っている感が強い分野です。

 

 

これまで、どんな経験を積んできましたか?

コンシューマタイトルの開発を通して、ゲーム内機能の実装、デバッグ機能の作成、開発サポートツールの作成やバグ修正などをしてきました。
全体を通して、遊んでもらうユーザーや連携をとるデザイナーやプランナーの方の事を考えながら求められているものを作っていく経験が積めたと思います。
また、バグ修正をしていく中では自分の担当範囲から外れた部分も手直しすることが多く、様々な分野の知見を得ることができました。

 

 

 

入社してから、一番成長したと感じるのはどのような点ですか?

コミュニケーション能力です。
学生時代は個人製作ばかりだったので一人で画面に向かっていれば良かったですが、チーム開発となると必然的に周囲と関わる機会が多くなります。
必要な情報をメンバーに共有したり収集したり、実装内容の相談などをしていく中で鍛えられました。開発を円滑に進めていくうえでも大事なものなので、もっと成長したいと思っています。

 

 

今後の夢・目標を教えてください。

対応力のあるエンジニアになることです。
新規実装の相談をしているときに「こんなこともできますよ」と自ら技術的な提案ができるようなるのが目標です。
そのためにゲームエンジンの知識や、分野にとらわれない技術の習得などをし、積極的に開発経験を積んでいきたいと考えています。