INTERVIEW社員インタビュー

コンシューマゲーム/プランナー Kei

 

 

マーベラスはどのような会社ですか?

自分のいるチームは最初ベテランが多めな印象だったのですが、入ってすぐの頃から気さくに話しかけられる雰囲気だな~と感じていました。
最近は後輩もでき、他所からも若手スタッフが合流したので、良い意味で学生のノリみたいな雑談もしています笑。
「これは良い」「これはイマイチ」と率直な意見と議論を交わせる雰囲気が、ゲーム開発に関わらずものづくりをする上で大事なので、とても良い環境だなと感じています。

 

 

現在担当している業務の具体的な内容を教えてください。


今のタイトルでは、施設系のUI全般と、PC版・体験版、その他DLC周りの担当をしています。
UIについては、物を買ったり売ったりするお店機能とか、クラフトができる施設機能などが中心です。UIは全ての場面で関係するので、ゲームのほぼすべての要素に多かれ少なかれ関わっています。
色んな要素に手を出しているので、「最近何やってるの?」と訊かれるのが地味に困る質問ですかね笑。

 

 

これまで、どんな経験を積んできましたか?

最初に配属されたタイトルが、リリース間近のタイトルだったので、デバッグ業務を行いつつ、追加コンテンツのテストと調整作業を手伝ったりしていました。
その後は今のタイトルに開発に立ち上げから関わり、主にUI関連を中心に、仕様書を書いたり、作ってもらった機能を動かすためのデータ作成などの作業をしてきました。

 

 

 

入社してから、一番成長したと感じるのはどのような点ですか?

やればやるほどまだまだ未熟だ…と思うところが増えたというのが正直な感想なのですが、「言語化」と「決断力」については少なくても入社時よりもだいぶマシになったという印象です笑。
正解がわからない不安の中、これがベストだという方針を決めて、それをエンジニアやデザイナーにしっかり伝えて、開発を推し進めていく…。
地味ですが、プランナーとしては重要な能力が成長できていると思うので、その点は貴重な経験を積ませてもらっていると感じています。

 

 

今後の夢・目標を教えてください。

今関わっているタイトルでは色んな所に携わらせてもらっていますが、「バトルなら俺に任せろ!」と言わんばかりに、なにか自分の色を決められるようになりたいですね。
何となく自分は器用貧乏タイプ(笑)だと思っていますが、いろいろなことに挑戦して、「これはコイツに任せられる!」と言われるような分野を見つけて、それを磨いていきたいと考えています。