INTERVIEW社員インタビュー

音楽映像事業部 Ire

 

どのような就職活動をしましたか?

もともと人の心の栄養になる仕事がしたいなと考えていましたが、舞台『刀剣乱舞』に出会い、こんなにも心を動かす作品があるのかと感動して本格的にエンターテイメント業界を志しました。
そのきっかけの舞台を作っていた会社であることや、インターン生として社内の雰囲気を見せていただけたことが、入社の決め手になりました。

 

 

マーベラスはどのような会社ですか?

個性を大切にしてくれる会社だと思います。
服装、髪型も自由ですし、なにより好きなものを好きと言える環境はとても居心地がいいです。
仕事の面でも、興味のあることや挑戦したいことを先輩がしっかり聞いてくれて、どうしたら実現できるか一緒に考えてくれるのでとてもありがたいなと思います。

 

 

入社して担当した最初の業務は何ですか? 

作品の整理を担当しました。作品ごとにDVDなどの見本が保管してあるので、それを整理して見やすくまとめる仕事です。
過去の作品を実際に手にとってみることで自社の作品の傾向や特徴などがだんだんとわかるようになりました。
また、他部署の方と相談しつつ進める必要もあったので、コミュニケーションのきっかけにもなりました。
企画制作の業務に関しては、入社からすぐに企画会議に参加させていただき、何度か企画を提出しました。
はじめは企画書の作り方もわからず悪戦苦闘しましたが、企画立案の具体的な手法をマスターすることができ、
入社する前から考えていたアーティストの作品企画を、ブラッシュアップして会社承認をいただくことができました。
現在は企画、制作、発売に向けて打ち合わせなどを重ねています。

 

 

 

入社してから、あなたが一番成長したと感じるところは何ですか?

仕事のスケジュールを自分で考えられるようになってきたことです。
最初は言われたことをひたすらこなすので精一杯でしたが、最近は仕事の期限から逆算して優先順位をつけたり、時間のかかりそうなものから処理していく工夫ができるようになったかなと感じます。

 

 

就活生へアドバイスをお願いします。

自分が納得できる就活をしてほしいです。
就活中はナーバスになりやすいですし、ネットやまわりの人の意見に振り回されることもあると思います。私は、どうしたらいいか悩んだときは一度立ち止まって自分の気持ちや今後どうなっていきたいのかを考えるようにしていました。
ぜひ自分自身が後悔しないと思える道を選んでください。