INTERVIEW社員インタビュー

アミューズメントゲーム/エンジニア Nen

 

どのような就職活動をしましたか?

ゲーム会社を中心に企業を探していました。
ゲーム会社は数多くありますが、マーベラスのようにアミューズメント(アーケード)ゲーム、コンシューマゲーム、オンラインゲームといった幅広い開発をしている会社は少ないです。さらにマーベラスは、ゲームだけでなくアニメやミュージカルなども展開しているため、興味を持ちました。また、マーベラス作品の中に自分が好きな作品がいっぱいあったので、個人的にすごく魅力的だと感じ、志望しました。

 

 

マーベラスはどのような会社ですか?

周囲とはフラットにコミュニケーションを取れますし、やりたいことを上司に相談すれば挑戦させてくれる、自由な社風だと感じます。
また、技術フォーラムなども参加させてもらえる機会が多く、勉強の場を積極的に作ってくれているところも良いと思います。

 

 

入社して担当した最初の業務は何ですか? 

新卒研修を終えてプロジェクトに配属されると、まず、デバッグツールのリファクタリング(ソースコードをメンテナンスしやすいようにブラッシュアップすること)や機能の追加を担当しました。
ユーザーの立場や、今後の追加実装をしやすくするのにどうすればいいかを自分なりに考えながら実装することができたと思っています。また、当時の考え方や勉強した技術はそのあとの業務に活かすことができたので、良い経験になりました。

 

 

 

入社してから、あなたが一番成長したと感じるところは何ですか?

もちろん技術力です。
それ以外には、同じチームのエンジニアだけでなく、企画やサーバチームとのコミュニケーションも頻繁に取らないといけない機会が多かったので、そのおかげでコミュニケーション能力も成長したと感じました。

 

 

就活生へアドバイスをお願いします。

マーベラスの一次面接は、初めての集団面接だったので一番緊張していました。
しかし、その時の面接官がすごく優しかったので、その場で思ったことをそのまま伝えることができていた気がします。なので、振り返ってみたら、面接では素直な気持ちを伝えるのが一番大事だったんじゃないかと今は思っています。皆さんもぜひ自分の気持ちを面接官に伝えてみてください!