INTERVIEW社員インタビュー

ライブエンターテイメント事業部 Tama

 

 

マーベラスはどのような会社ですか?

自分の好きな仕事に携われるだけでなく、好きな場所、好きな時間で働くことができます。
仕事に対する想いがしっかりと届く距離に上司がいることはもちろん、尊敬する先輩、いつでも相談に乗ってくれる同期、気が合う同僚、可愛い後輩が周りにいるので、恵まれた環境で業務に励むことができています。

 

 

現在担当している業務の具体的な内容を教えてください。


新規タイトルとなる舞台の立ち上げを行い、スタッフィング、キャスティング業務に携わっています。新規タイトルの為、ビジュアルの作成が一からになります。
例えば、原作の色を参考にキャラクターのカツラの色を決めています。3次元になっても、原作ファンの方にとって違和感がないよう、役者の骨格や全体のバランスを考えて、色を決めたりしています。そこからフィッティングをおこない、原作とカツラを被った役者を何度も見比べて形を作っていきます。原作側の方達に確認してもらう監修資料を作成する仕事もあります。

 

 

これまで、どんな経験を積んできましたか?

インターンシップ期間を含めるとこれまで13作品の舞台に関わってきました。
舞台公演の制作や票券、物販、宣伝、キャスティング、スタッフィング等が主でしたが、最近は舞台だけでなくテレビドラマの製作委員会にも携っています。

 

 

 

入社してから、一番成長したと感じるのはどのような点ですか?

決断力です。
自分の発言に責任をもって、周りを信じて決断していく勇気と自信をもつようになりました。舞台はスタッフ、キャスト、お客様含め多くの人の協力があって成り立つので、周りの方を信じる気持ちを大事にするようになりました。

 

 

今後の夢・目標を教えてください。

マーベラスに入ったきっかけとなった作品があるのですが、それを超えていける様なエンターテイメントを作ることです。
あとは、チーム発のオリジナル企画を形にし、皆様に笑顔になってもらえる様なコンテンツを生み出し業界を盛り上げていきたいと思っています。