INTERVIEW 社員インタビュー

コンシューマゲーム/エンジニア Shike

エンジニア/新卒4~6年目

マーベラスはどのような会社ですか?

自分の考えや興味を尊重してもらえる会社だと思います。 プランナーだけがアイデアを考え、デザイナーだけがデザインをするのではなく、ゲームとしてより良くするための提案を、業種を超えて出し合える空気感があります。 一人で淡々と作業をこなすだけではない、チームみんなで作品を作っているのだと感じられるところが好きです。 また、マーベラスにはコンシューマ、オンライン、アミューズメントと、ゲームだけでも様々な分野を扱う人が在籍しています。 実装で困ったときなど、チーム内はもちろん、他チームのエンジニアも交えて情報共有できる場が用意されています。 幅広い視点で議論できるので、自分では思いつかなかった発想を得られるのは、魅力的な点だなと思います。

現在担当している業務を教えてください。

これまでは主に、装備画面やショップ画面といったメニューの実装を担当していました。現在はそこから派生して、自分以外でもメニューの実装ができるような仕組みづくりを行っています。他にもデザイナーのアセット量産をサポートするツール、プランナーのデータ入力を簡略化する機能作りなど、チーム全体の開発効率を上げる仕組みづくりにも携わっています。人のために何かすることが好きなので、とても楽しくやりがいがあります。

これまで、どんな経験を積んできましたか?

コンシューマゲーム開発に携わり、UIとゲームシステム周りの実装に取り組んできました。他にも、開発を楽にするツールやデバッグ機能の開発にも取り組んでいます。また、プログラムの実装だけでなく、新人研修の運営や、新入社員エンジニアのトレーナーとして教育を行ったりもしてきました。モーション、エフェクト、AIといった見た目に派手な仕事ばかりではないですが、開発チームを支える貴重な経験を積んできたと思います。

入社してから、一番成長したと感じるのはどのような点ですか?

他者とのコミュニケーション能力です。 その中でも、プランナーやデザイナーのやりたいことをヒアリングし、自分の言葉で理解や説明をすることは、特に意識してきました。 チームでの開発なので、同じ機能について話しているつもりでも、それぞれ想像している結果が異なっていたということは、時々あります。 実装が終わってから何か違う…とならないように、相談の段階から「他のゲームで言うと、この機能ですよね?」と言い換えや具体例を示したり、時にはホワイトボードにイメージを書き起こしたりして、意識の統一をするよう取り組んでいます。
エンジニアはプランナーのアイデアとデザイナーのデザインをまとめて一つの機能に落とし込む、実装の最終工程となることが多い立場です。 工程の後ろから全体を俯瞰できる立場とも思うので、手戻りが起こらないよう、やり取りを通じて全体を見渡すよう心掛けています。

今後の夢・目標を教えてください。

今までは、メニュー画面を全部自分が作るくらいの気持ちで息巻いていたのですが、開発の規模が大きくなるとそれでは手が回らないと感じることも増えてきました。なので最近では、仕組みづくりや環境整備をすることで、自分が作りたかった以上のものを、他のメンバーでも作りやすくすることが目標です。今のチームで、自分やメンバーのアイデアにどんどん乗っかって一緒に良い作品を作る、その土壌作りをしていければ良いなと思います。

一覧へ戻る