INTERVIEW 社員インタビュー

コンシューマゲーム/デザイナー tato

デザイナー/新卒3年目

どのような就職活動をしましたか?

私は学生時代、CGを中心に学んでゲーム制作に取り組んでおり、自身がデザインを手がけたものが動くことの楽しさから、ゲーム業界に絞って就職活動を行っていました。マーベラスに決めた理由は、子供のころからファンだった数々のIPの発売元であり、かつ開発側もプラットフォームを問わず行っていることから、今まで培ってきたスキルを活かせられると決断したからです。また、面接の際に案内してくださった社員さんが、ガチガチだった私に「緊張しなくていいよ」とやさしく声をかけてくれたのが印象的でした。

マーベラスはどのような会社ですか?

新入社員や、経験の少ない社員に対して親切で、フォローがしっかりしています。とくに3Dモデラーは使用するソフトが多く、それぞれの操作方法や技術を磨いていかなければならないのですが、入社してからの研修期間で先輩トレーナーが付き、一通りのソフトを丁寧に教えてくださいました。業務をこなすようになってからも、周囲の方々は質問や相談に乗ってもらえますので、社員が成長できる環境が整っているなと感じます。

入社して担当した最初の業務は何ですか?

コンシューマゲームの武器モデリングが最初の業務でした。カラーリングやデザインを考え、モデリングするまでの一連を任されましたが、既存モデルに似すぎないかや版権に引っかからないかなど、想像以上に考慮すべき点が多く、デザイナーとしての責任を改めて体感しました。ですが、先輩達とやり取りをしていくうちに、求められているイメージを形に起こすことや、それをうまく伝えることが段々と上達できたと実感できた業務でした。

就活や仕事をするうえで、役に立った学生時代のスキルはありますか?

就職はゲーム業界と決めていたので、大学3年の頃からゲーム会社関連のインターンに率先して参加し、CG関係のアルバイトをしていました。 おかげで本格的な就活前に、業界自体の雰囲気や傾向などを把握でき、視野が広くなりました。 他には趣味の延長で、鉄道会社のアルバイトもしていました。 学生のうちにできること、社会人になるとできなくなることは学校在籍中にやっといて損はないと思います。

これまで一番苦労したこと、嬉しかったことを教えてください。

立ち上げから終わりまで関わったプロジェクトで、モデラーとして背景、キャラクター、はたまた設定画など幅広く制作する機会がありました。 本来それぞれ別の班なのですが、私自身の様々なことをやってみたいという意向を汲んでもらえて、運良く経験できました。 ですが、それぞれのフローの仕様がかなり異なるものだったので、最初は覚えるのに苦労を要したり、間違った設定をしたりなどのミスが多かったです。 しかし、業務をこなすにつれ、切り替えやショートカット方法も確立してきて、素早くこなせるようになりました。 自分が設定画からモデルまで作成したデータを実装できたときはとても嬉しかったです。

1日のスケジュールを教えてください。

今は在宅勤務が大半なので、基本的には始業30分前の朝9時半に起きて業務を開始し、大体定時30分過ぎまでには切り上げています。 休み時間や休日は専ら外出かゲームをしてますね。 また、仕事では3Dモデリングが多いので、反動からかプライベートで2DCGを描きたくなることもあります。

一覧へ戻る