INTERVIEW 社員インタビュー

コンシューマゲーム/エンジニア Sata

エンジニア/新卒3年目

どのような就職活動をしましたか?

大学入学時にプログラミングを勉強し始め、それを用いてゲームの制作をするようになりました。 就職活動の際はゲーム業界に入るか、大学の研究室での経験を生かした業種につくかで迷ってもいましたが、自分が本当にしたいことを見つめなおし、最終的にゲーム業界に入ることを決めました。 マーベラスは早いうちに採用活動を行っていたことや、『牧場物語』や『NO MORE HEROES』などのタイトルでなじみ深かったことで興味があり、説明会や面接を受ける中で、エンターテインメント全般を広く追及しようとする社風に惹かれ、入社を決めました。

マーベラスはどのような会社ですか?

全体的に自由な会社だという印象を持っています。もちろん規則はありますが、服装や趣味が制限されるようなことはなく、のびのびと業務を行うことができます。業務に関しても、個人がやりたいことをできる限り考慮してもらえるという点や、開発内容に対して思ったことや意見を発信しやすいという点で、柔軟な開発ができる環境になっていると感じています。

入社して担当した最初の業務は何ですか?

初めに担当したのは、コンシューマゲームのUI制作の業務でした。 UI制作といっても見た目の部分だけではなく、入力を受け取ったのちのシステムやプレイヤーへのフィードバックの制御なども同時に実装する必要があり、開発しているゲーム全体のシステムについて多くを学ぶきっかけを得ることが出来ました。 初めは戸惑いもありましたが、先輩が丁寧に指導やサポートをしてくれたこともあり、早い段階で開発に必要な知識や意識を身に着けることができたと思っています。

就活や仕事をするうえで、役に立った学生時代のスキルはありますか?

自分は大学院卒なのですが、研究室や学会での発表経験は、自分の考えや知識を相手に上手く伝える良い経験になっていたな、と思います。実際の業務でも自分の考えを相手に対して分かりやすく伝える必要がある場面に多く直面するので、そこで得た経験が活かされていると感じています。

これまで一番苦労したこと、嬉しかったことを教えてください。

苦労したこととして、入社して最初に配属されたタイトルで、フィールド上のマップUIの制作を行った際に、求められている仕様を満たすのが難しく、悩んだことがありました。その時は先輩や同期のメンバーに助けてもらい、結果としてUIを完成させることが出来たことから、チームでの作業の強み、またフォローしあえる環境の重要性を学びました。嬉しかったことは、上記のゲームが完成し、自分が開発に携わったゲームを多くの人に楽しんでいただけたことです。誰かの心に残るようなゲームの開発に自分も参加できたという喜びは、この業界ならではの体験だとだと感じています。

1日のスケジュールを教えてください。

基本的には一日中プログラミングを用いた開発をしているのですが、1週間に一度、プロジェクトでの定例会議を行ったり、また分科会(自分の関わっている分野ごとの情報を共有しあう場)も定期的に設けられているので参加をしています。開発においても、席に座ってずっとプログラミングをしているというわけではなく、必要に応じて他の箇所の担当者と話し合ったり、プランナーに実装状況や仕様の確認を都度行ったりするなど、コミュニケーションを適宜取りながら作業を行います。
休日については、昨今のコロナ禍もあり、家にいることが多いです。創作すること自体が好きなので、ゲーム制作はもちろん、絵を描いたり、モデリングを行ったりして過ごしています。一方で出かけることも好きなので、よく晴れた日には、特に予定を決めずに街中を歩き、何か面白い発見が無いか探しながら散歩をしたりもしています。

一覧へ戻る