INTERVIEW 社員インタビュー

アミューズメントゲーム/プランナー Sama

企画/新卒3年目

どのような就職活動をしましたか?

就職するにあたって、自分のアイデアを形にする仕事がしたいと思い、子供の頃から憧れのあったゲーム作りを仕事にしようと決めました。マーベラスは選考連絡が早かったのと、面接などを通して楽しそうな雰囲気と、ゲーム作りに対する真面目さを感じたので決めました。

マーベラスはどのような会社ですか?

挑戦を認めてくれる会社だと思います。自由な働き方ができて常に新しいアイデアを求めているので、新人でも前に出やすい会社だと思います。挑戦しようとする人を応援してくれる雰囲気があり、経験豊富な先輩社員がそれをサポートしてくれる体制があります。自分から挑戦したいという人にはとても良い環境だと思います。

入社して担当した最初の業務は何ですか?

初めはゲームのプロモーション担当と営業担当の下について、お手伝いをしました。作ったゲームをユーザーに届けてくれる人の仕事を知り、開発の現場にいるだけでは分からない、製品作りの全体像をつかむことができました。ただ面白いゲームの中身を作るだけではダメで、そのゲームを「どう届けるのか?」「どう広めるのか?」まで考えて企画しなければいけない、ということを学びました。

就活や仕事をするうえで、役に立った学生時代のスキルはありますか?

中学・高校時代に部活のキャプテンをしていた経験が役に立っています。特にチームでのコミュニケーションを円滑にするスキルは、プランナーとしてとても大事なスキルだと思います。やっておけばよかったことは、英語の勉強です。マーベラスでも海外向けのプロジェクトは多く、近年ローカライズは当たり前ですし、ゲーム開発用ツールも基本英語です。英語のスキルを身に着けておけば、仕事の幅は格段に広がると思います。

これまで一番苦労したこと、嬉しかったことを教えてください。

一番苦労したのは新規企画のプロデュース業務をしたことです。まず何から手を付ければいいかも分からない中で、先輩社員に教わりながら、足りないスキルは勉強しながら進めました。その時の苦労が一番自分のスキルアップにつながったと思います。嬉しかったのは自分の企画書が通った時です。基礎研究止まりでプロジェクト化は出来ませんでしたが、いずれは自分の企画のプロジェクト化を目指します。

1日のスケジュールを教えてください。

朝出勤して、午前中はメールを確認したり、会議の資料を準備をします。午後は取引先との打ち合わせや、関わっているプロジェクトの会議などに出席することが多いです。夕方は新規企画の試作を作ったり、新しい企画書を書くなどしています。最近の休日は実家に帰って家の手伝いをしたり、姪っ子に会いに行くことが多いです。

一覧へ戻る