INTERVIEW 社員インタビュー

アミューズメントゲーム/エンジニア Yahi

エンジニア/新卒3年目

どのような就職活動をしましたか?

元々エンジニアになりたかったので理工系の大学に進学し、授業で初めてプログラミングを勉強しました。そうした中で、ゲームが好きだったことも重なって、自分でゲームを制作するようになり、ゲーム業界を志望するようになりました。就職活動では家庭用ゲームを大きく取り扱っている会社だけに絞り、会社説明会や面接などで社員のみなさんの雰囲気が自分に合いそうだと感じたマーベラスに入社を決めました。

マーベラスはどのような会社ですか?

新卒社員をしっかりとフォローしてくれるなど成長できる環境を提供してくれる会社だと思います。入社後すぐに研修を行い、配属後は現場でトレーナーの先輩に助けられながら業務を通して力をつけていくことができます。また、定期的な社内での技術共有会の実施や、外部の勉強会への参加の機会がもらえます。

入社して担当した最初の業務は何ですか?

最初に担当した業務はゲーム内UI実装でした。企画書をもとにデザイナーが作成したUIをプログラムで操作できるように処理を書いていく業務になります。最初はただ受け取ったUIに合わせてプログラムを書くだけしかできませんでしたが、ゲーム内で実際のUIを最初に見るのはUI実装者になるため、そこで気になる点や改善できそうな点などを早い段階で相談できるようになったことで、ブラッシュアップをスムーズに行うことができるようになったと思います。

就活や仕事をするうえで、役に立った学生時代のスキルはありますか?

グループでの開発の経験とそれに伴うコミュニケーション能力だと思います。仕事はチームで行うので、チームでの作業の進め方をあらかじめ知っておくことはいい経験になると思います。また、コミュニケーション能力は、仕様書を見てわかりにくいところや、実装したことで気になった点などをわかりやすく伝えられるといったことに活かせます。就活では質問されたことに対して端的に要点をついた回答ができる力になると思います。

これまで一番苦労したこと、嬉しかったことを教えてください。

一番苦労したことは、配属されてすぐの頃に何度計算をして実装してもUIがうまく画面に表示されなかったときです。 手元で絵を描いて座標などの計算をしたのですが、実際にプログラムを書いて動作確認をすると表示がズレてしまうということを繰り返しました。 この時は、プログラムの変更内容と表示位置のズレの変化を見比べて原因になっていそうな箇所を1つずつ検証していくことで解決できました。
一番嬉しかったことは、初めて関わった作品がゲームセンターなどに設置され、実際にユーザーに遊ばれている所を見た時です。
アミューズメント開発のいいところは、店頭に行けばプレイされている姿を見ることができることだと思っています。

1日のスケジュールを教えてください。

基本的に10:00 - 19:30の時間で勤務していることが多いです。毎日お昼に15分程度のミーティングを行い、チーム内で進捗などを共有しています。休日は映画を見たりゲームをしたりすることが多いです。

一覧へ戻る