INTERVIEW 社員インタビュー

コンシューマゲーム/エンジニア Naka

エンジニア/新卒1年目

どのような就職活動をしましたか?

元々趣味でゲームを作ってはいましたが、趣味として捉えていたのでゲーム業界への志望度は、始めはそれほど高くはなかったです。インターンシップなどで業界についての見識が深まるにつれて、仕事としてゲームを作るということへの興味が湧いてきました。 マーベラスへの入社の決め手は、いろいろな事業を手掛けている中で、一貫して「誰のためのコンテンツなのか」が伝わってくるものを打ち出しているというところに尊敬を覚えたからです。

マーベラスはどのような会社ですか?

会社全体としてフットワーク軽くチャレンジしてみようという気風があるように感じます。どの会社でもチャレンジはすると思うんですが「マーベラスっぽくないからやめておこう」みたいな考え方はしていないという感じです。会社としての安定感がありつつも、ベンチャー企業のような新しいものを作ろうという気概も併せ持っているような雰囲気が好きです。

入社して担当した最初の業務は何ですか?

UE4を使いやすくするための拡張を取り入れる業務でした。拡張の内容自体は、他のプロジェクトで作られていたものだったので、簡単に言うと持ってくるだけだったのですが、先輩が作ったコードと資料を読みながら進める作業に慣れず、なかなか大変でした。それから色々な業務を担当することになり、自分でコードの設計などを考える場面も出てきました。そうした時に「前にあの箇所では、こうしたらやりやすかったな」といった引き出しが増えていることが、成長したと感じるところです。

就活や仕事をするうえで、役に立った学生時代のスキルはありますか?

大学サークルでゲームを作っていた経験は大きいと思っています。プログラミング能力よりも、複数人で何かを作ることと、何かを完成させることの実際の意味合いを知ったことが、就活でも仕事でも役に立っていることだと思います。学生時代にそういったことに関する困難を目の当たりにしていたことで、会社に入ってからのギャップが少なかった(=就活でも仕事をする自分をイメージできた)のかなと思っています。

入社前と入社後で、どのようなギャップがありましたか?

前の質問の通り、業務という意味ではギャップは少ない方だったと思います。入社前にあれこれ考えるタイプでもないので、不安もあまり感じませんでした。入社後も、特に不安を感じることなく業務を覚えながら自身も成長していけていると思っています。

1日のスケジュールを教えてください。

エンジニアの場合はタスク(細かく分けた仕事・目標)に取り組むことが基本的な過ごし方だと思います。タスクをこなすために、プログラムの設計や仕様について他のプロジェクトのメンバーと相談したり、社内で共有されている資料などを見て参考にしたりします。そのほかに週に一度のチームメンバーとの定例会議、月に一度の分科会(他プロジェクトメンバーとの情報交換会)、また新入社員へのフォローとしてトレーナーと定期的に面談をする機会などがあります。
休日は趣味や友人と遊ぶことに費やしています。けっこう多趣味なのでどう過ごすかは休日のほうが悩むかもしれません笑。

一覧へ戻る