INTERVIEW 社員インタビュー

コンシューマゲーム/プランナー Koe

企画/新卒1年目

どのような就職活動をしましたか?

ゲームが好きで、最初からゲーム業界に入りたいという気持ちが強かったです。ただゲーム業界の高い倍率に不安を感じて、逃げ道として比較的に内定がもらいやすいIT業界の選考も受けていました。 入社の決め手は、マーベラスが私の好きなゲームを作っている会社だったからです自分の好きなタイトルに携わることができる可能性以上のワクワクを、他社では感じることができないと思いました。とても単純な理由ですが、仕事をしていく上で私が重要視しているポイント満たしてくれたのがマーベラスだったのです。

マーベラスはどのような会社ですか?

チャレンジ精神のある会社だと感じています。新しいIPの創出やiGi indie Game incubatorのインディーゲーム開発者への支援を展開していることや、それ以外にも、最近私が新しく好きになったコンテンツに、実はマーベラスが関わっていたと発見したことがあり、改めてマーベラスのチャレンジしている分野の幅広さを実感しました。

入社して担当した最初の業務は何ですか?

UIの仕様書作成でした。 先輩からフィードバックをもらい、仕様を作っている時に、プレイヤーに与えたい体験はどのような視点に立つべきかを改めて考えて、新しく意識したことは、自分が成長できたと初めて感じた出来事でした。さらに今は、仕様書を通して自分のアイデアをエンジニアやデザイナーにより明確に伝えるために、如何に分かりやすくするべきかという、チームワークにとって非常に大事なポイントも少しずつ意識できるようになりました。

就活や仕事をするうえで、役に立った学生時代のスキルはありますか?

様々な創作活動をやってきて良かったと思いました。就活の時に自己アピールとして使えるのももちろんですが、仕事上でも何かを作る時の発散的思考は共通していると感じました。

入社前と入社後で、どのようなギャップがありましたか?

新卒でも自分の考えを実現できる環境であるところがとても良いと感じています。また、トレーナーの先輩以外に、プロジェクトの他の先輩と交流する機会も多いので、プランナーにとって必要な姿勢や考え方を色々な方から学ぶことができ、入社前に持っていた漠然とした不安もすぐに解消されました。良い環境の中で、自分が入社前に予想していた以上に成長出来ていることを実感しています。

1日のスケジュールを教えてください。

在宅の日は8時ぐらいに起きて、大体9時40分から始業の準備をします(10時始業)。終業後はのんびりとゲームや自分の好きなことをしています休日はごく普通の掃除、料理、買い物などをしています。仕事に役立つゲームと自分の趣味に合うゲームを交互にプレイしたり、本を読んだりもします。外出だと、スケッチや美術館に行くことが多いです。

一覧へ戻る