NEWS

コンシューマゲーム/エンジニア ryo

インタビュー

どのような就職活動をしましたか?

高校生の頃に部活でプログラミング言語に触れ、昔から親しんでいたゲームというものに「作る側」として触れ、感動したことがゲーム業界を志望したきっかけです。 その時期からこの業界を目指して情報系の大学に進学し、プログラマとして必要な知識やスキルを習得していきました。就職活動もゲーム業界のみに絞って活動していましたが、その中でもマーベラスは様々なエンターテイメント事業も展開していて、とにかく楽しい雰囲気が前面に押し出されていたのが魅力的でした。そういった点が「楽しんでゲームを作りたい!」という自分の思いに合致していたので、入社の決め手にもなりました。

 

 

マーベラスはどのような会社ですか?

早い段階からいろいろな経験が積める会社だと思います。入社してから業務に必要なプログラミングの研修を行った後、すぐにプロジェクトに配属され、プロジェクトメンバーと共に働くことになります。最初は業務をこなしていけるか不安に思いましたが、開発環境に関して十分な学習期間があり、また、先輩やマネージャーのサポートも手厚かったので、安心して仕事をすることができました。周囲への相談なども気兼ねなくできる雰囲気で、いろいろなスキルを吸収しやすい環境だと思います。

 

 

入社して担当した最初の業務は何ですか? そこから成長したと感じるのはどのような点ですか?

最初に担当した業務はキャラクターのモデルやアニメーションが確認できるデバッグステージの作成でした。最初は要件を満たすために何から手を付ければよいかもわかりませんでしたが、トレーナーから順を追って説明してもらえたので、試行錯誤しながら実装することができました。その際、ただ単にやり方を学ぶのではなく、コードの読み方や情報の調べ方など、今後の業務で必要なことも多く学んだので、着実に問題解決能力を高めることができたと思います。

 

 

入社してから、あなたが一番成長したと感じるところは何ですか?

計画的に作業を進める能力が一番成長したと思います。作業の最初に作業量を見積もるのですが、どういう手順で進めていくかを自分で考えて、実際に効率よく進めていくことが、入社時より上手くなりました。作業についてデザイナーやプランナーと相談するときも、どの程度の期間が必要か、要素や懸念点の洗い出し、使用するデータの確認など、学生の時には無かったような観点での見通しをするようになったため、成長できたのだと思います。

 

 

就活生へアドバイスをお願いします。

この業界に対する自分の素直な思いを大事にしてください。 私は就活中、あまり技術力的に自信がありませんでした。しかし、自分の技術力なりに積んでいたゲーム制作の経験と、制作に対する意識ややりがいなどをしっかりと固めていたので、面接で思いの丈をぶつけることが出来たのだと思います。 プログラマとしての実力がすべてではなく、ゲームが好きだ、ゲームを自分の手で楽しくしていきたい、といった姿勢や思いも大事な要素です。あまり飾らずに自分を信じて挑んでみてください。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加 submit to reddit