NEWS

コンシューマゲーム/デザイナー yu

インタビュー

どのような就職活動をしましたか?

私は美術系の大学で、特に3DCGを中心に勉強していました。デザイナーとして学んだことを生かせるゲームや映像業界で働きたいと思い、それを軸に就活をしていました。 マーベラスは、私自身がゲームにハマるきっかけとなった『牧場物語』や、『閃乱カグラ』、『Fate/extraシリーズ』などのコンシューマゲームでもともと知っていました。 就職活動をしていく中で、オンラインやアミューズメントのゲームや2.5次元ミュージカルなど、様々なエンターテイメント作品を世に出しているということを知り、コンテンツの多様性に魅力を感じて応募をしました。

 

 

マーベラスはどのような会社ですか?

様々な経験とチャレンジができる会社だと思います。現在はコンシューマゲーム部門に所属していますが、オンライン部門やアミューズメント部門とも人員の行き来があり、ゲーム業界のデザイナーとして専門性も高められつつも幅広い知識を得られる環境だと感じています。また、配属の際も自身のコンシューマゲームに携わりたいという希望を聞いてもらえたのは嬉しかったです。先輩や同期との交流も盛んで、明るい雰囲気の社内環境が、より仕事を楽しいものにしてくれます。とても魅力的な人達と働けるので、デザイナーとしてだけでなく、人としても成長できる職場だと思います。

 

 

入社して担当した最初の業務は何ですか? そこから成長したと感じるのはどのような点ですか?

初めは、コンシューマゲームの3DCGキャラクター制作を担当しました。キャラクターモデリングは学生時代から憧れていたので、初めての業務を楽しくおこなうことができました。ソフトや制作環境に中々慣れず苦戦しましたが、トレーナーや先輩の力を借りて、無事制作を行えました。

 

 

入社してから、あなたが一番成長したと感じるところは何ですか?

ゲーム制作に必要な3DCGの制作技術です。ゲーム用の3DCGのモデルを作るには様々なソフトを使用するのですが、機能や決まり事がとても多く、学生時代は習得が難しいと感じていました。マーベラスに入ってからは先輩や、一緒に入社した同期から色々な機能やノウハウを学ぶことができました。周囲の社員はみんな話しやすく優しい方ばかりで、色々なことを丁寧に教えてもらえるのでゲームのデザイナーとしての知識や考え方を吸収でき、成長できたと感じます。

 

 

就活生へアドバイスをお願いします。

世の中には様々な業界があるので、本当に自分にあった仕事とは何なのかじっくり考えて就活に臨んでほしいと思います。 悩みなどもあると思いますが、もしかしたらそこから得られる発見もあるかもしれません。ただ単に就職する事だけが目的ではなく、その後の働いている自分も想像しながら会社を探してみると良いのではないでしょうか。 就活の常識やノウハウ等にとらわれすぎず、素の自分を見せて就活を続ければきっと自分にあった良い結果を得られると思います。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加 submit to reddit