NEWS

コンシューマゲーム/エンジニア Tatsu

インタビュー

 

どのような就職活動をしましたか?

制作を行うことが好きで、大学生になるとプログラミングを勉強し始め、それを用いてゲームの制作をするようになりました。
就職活動の際はゲーム業界に入るか、大学の研究室での経験を生かした業種につくかで迷ってもいましたが、自分が本当にしたいことを見つめなおし、最終的にゲーム業界に入ることを決めました。
マーベラスは早いうちに採用活動を行っていたことや、『牧場物語』や『NO MORE HEROSE』などのタイトルでなじみ深かったことで興味があり、説明会や面接を受ける中で、エンターテインメント全般を広く追及しようとする社風に惹かれ、入社を決めました。

 

 

マーベラスはどのような会社ですか?

全体的に自由な会社だという印象を持っています。もちろん規則はありますが、服装や趣味が制限されるようなことはなく、のびのびと業務を行うことができます。また、コミュニケーションに関しても不自由さを感じることなく、相手が目上であっても、積極的に話しかけやすい雰囲気になっていると思います。
業務内容に関しても、個人がやりたいことをできる限り考慮してくれるので、自分がやりたいことに参加しやすい環境になっているのではないかと思います。

 

 

入社して担当した最初の業務は何ですか? そこから成長したと感じるのはどのような点ですか?

初めに担当したのは、コンシューマゲームのUI制作の業務でした。
UI制作といっても見た目の部分だけではなく、入力を受け取ったのちのシステムやプレイヤーへのフィードバックの制御なども同時に実装する必要があり、開発しているゲーム全体のシステムについて多くを学ぶきっかけを得ることが出来ました。
初めは戸惑いもありましたが、先輩が丁寧に指導やサポートをしてくれたこともあり、早い段階で開発に必要な知識や意識を身に着けることができたと思っています。

 

 

 

入社してから、あなたが一番成長したと感じるところは何ですか?

最も成長を感じるのは、ありきたりではありますがコミュニケーション能力だと思います。
プログラマーは黙々と作業を行う職種だという印象が強いかもしれません。しかし実際はプランナーと頻繁に話し合い、どのような意図でその仕組みを考えたのか、どのようなイメージを持っているか等を正しく理解し、汲み取る必要があります。
初めのうちは、ここはこうだろうと自分で決めつけて対応をしてしまいがちでしたが、今は事前によく話し合い、誤解や勘違いを減らすことで、双方に納得のいくプログラムを組むことが出来るようになりました。

 

 

就活生へアドバイスをお願いします。

就活において、多くの人が苦手としているのはやはり面接だと思います。自分も例にもれず面接があまり得意ではなく、かといって事前にたくさん練習するということもあまりしていませんでした。
面接は正しい答えを言う場ではなく、相手が何を知りたいのかを正しく理解し、自分がどのように考えているのかを相手に伝える場です。緊張をしないのは難しいと思いますが、自分の素直な考えをそのまま伝えるのが、面接を乗り切るうえで最も重要だと思います。皆さんも面接では是非、受ける業界や企業に対する率直な思いを面接官に伝えてほしいと思います。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加 submit to reddit