NEWS

コンシューマゲーム/デザイナー Shu

インタビュー

 

どのような就職活動をしましたか?

私は美術系の大学で日本画を専攻し絵画制作をしていたので、それを生かせる職種を希望していて、業界は幅広く考えていました。
技法などの専門知識を直接的に活かすことは難しいかもしれませんが、自分が学んできたことに自信をもって、そこからどう活かしていけるのか?という点で強みをアピールしていこうと考えていました。

 

 

マーベラスはどのような会社ですか?

3DCGを扱うのは入社後の研修が初めてだったのですが、どんなことでも気兼ねなく質問できて、全くの初心者の段階から使えるようになるくらい先輩のフォローがしっかりしていてとても有難かったです。
研修期間ではモデリング、モーション、エフェクト、UIを経験しました。私はモーション作成を研修で初めてやったのですが、研修が面白かったので実務でもやりたいと希望したところ、トレーナーに教わりながらですが作らせてもらっています。
自分が伸ばしたいところをサポートしてもらえたことは、モチベーションにも繋がりました。また、先輩と自然体で交流できているので、居心地のよい職場だと感じます。

 

 

入社して担当した最初の業務は何ですか? そこから成長したと感じるのはどのような点ですか?

最初の業務は、コンシューマゲームのデモ作成でした。シナリオからムービーの構成を考え、カメラ配置をしたりキャラクターを動かしたりするのですが、最初は構成や演出を考えるのに苦戦しました。私がどう構成したいのかを先輩が理解してくれ、そのアプローチを一緒に考えてくれたので、作りながら多く学ぶことができました。自分のイメージを表現できるだけでなく、先輩の「自分だったらこうするかな」という、自分とは違う視点での考え方を学習できるので、自分の視野が広がり、アウトプットの積み重ねで表現の幅も増えたと思います。

 

 

 

入社してから、あなたが一番成長したと感じるところは何ですか?

一番成長したのはやはり技術面かなと思います。プロとして求められるクオリティを間近で体感したり、制作の進め方や考え方を試行錯誤したり。また、トレーナーから何度もフィードバックをもらうことによって、できるものの数が増えていると実感します。
また、「基礎を徹底したい」「こういったこともやりたい」と伝えると、すぐやらせてもらえるのも、自分の成長につながっていると感じます。

 

 

就活生へアドバイスをお願いします。

目標が明確にある人は、後悔のないように全力で準備してほしいと思いますし、特に決まっていない人も何でもいいので譲れないポイントを軸に考えたほうが、自分の言葉が溢れてきて、それが一番熱意が伝わると思います。
学生時代の私は、日本画を学べるときに学んで極めたい!と熱中していたので、学生時代は今後の目標は特にありませんでした。
だから卒業後は色んなチャレンジができる環境で働きたいと思っていました。そして今、その現場にいてとても楽しいです! 就活中は本当に大変なことばかりかと思いますが、後悔しない選択をして、社会人になった時のやる気につなげてほしいと思います。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加 submit to reddit