NEWS

オンラインゲーム/エンジニア Ken

インタビュー

 

 

マーベラスはどのような会社ですか?

全体的にフラットで自分の意見を言いやすい会社であると感じています。
エンジニア・プランナー・デザイナーの垣根を越えて議論し、結果として自分が良いと思えるものを作りやすい環境になっていると思います。
また、エンジニアの新人研修が充実しています。
およそ 1 ヵ月にわたって実施されるエンジニアの新人研修は現場のエンジニアがカリキュラムを考え、指導に当たることで
現場で求められることを的確に学べる場となっています。

 

 

現在担当している業務の具体的な内容を教えてください。

現在はアミューズメント筐体の管理ツールおよびユーティリティアプリの開発・運用を担当しています。
管理ツールの開発では主にログを集計してユーザープレイの実態を確認できる機能を開発しています。
管理ツールはユーザーに露出するものではないので詳細な仕様がない場合もあります。
そのような場合は使用用途と要件を聞いて機能に落とし込んでいく作業となり、機能のモックを作成して提案し、指摘を受けて修正するといった流れを繰り返します。

 

 

これまで、どんな経験を積んできましたか?

ブラウザゲーム、ネイティブアプリゲームのサーバー開発と運用を経験してきました。
その中で印象に残っている経験としては、既にリリースしているネイティブアプリゲームの育成機能の改修をした経験があります。
改修前の育成機能は最も効率化されたやり方でも数回合成(のようなもの)を実行する必要があり、ユーザーのフラストレーションがたまっていた箇所でした。これを改善するという目的の案件でしたが、プランナーと密にコミュニケーションを取り、内部処理の細かい仕様などを提案することで、ユーザー体験の向上のみならず、運用の複雑さ改善を果たすことができました。
エンジニアの視点でないと提案しにくいことを積極的に意見して効果が得られた貴重な経験だったと思います。

 

 

入社してから、一番成長したと感じるのはどのような点ですか?

チーム内で「相手に伝わるようにコミュニケーションをとる能力」が一番成長したと思います。
仕事を進めていく上で自分とは異なる役割の人とコミュニケーションを取ることは非常に重要な作業ですが、役割が違えば持っている情報や視点も変わってきます。
そういった相手との差を認識して、相手によって話し方の切り口を変えるなど、コミュニケーションの意図が明確に伝わるようにする能力は鍛えられたと感じています。

 

 

今後の夢・目標を教えてください。

今目指している近い目標としては、"物事を前に進められるエンジニア"になることです。
チームで仕事をしていると関わる人の多さから誰かが案件を進行してくれるだろうとお見合い状態になることは少なくありません。
こういった状態にならないよう案件のゴールを意識してエンジニアの枠を超えて何をするべきかを常に考え実行に移していける行動力を身に付けたいと思っています。
更にはチーム全体の推進力になれるほどのパワーを持った人物になり、チームを引っ張っていけるようになりたいです。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加 submit to reddit