WORK 事業部インタビュー

ジャンルの垣根に関係なくコンテンツを育み、「IPの総合プロデューサー」を目指せる人

音楽映像事業部
事業部長
福場 一義

Q1.マーベラスの音楽映像事業とは?

マーベラスは、ゲーム事業(オンライン、コンシューマ、アミューズメント)を中心としながらも舞台を中心としたライブエンターテイメント事業、そしてアニメや音楽を行う音楽映像事業と幅広いエンターテイメント事業を展開しています。
今、ゲームとアニメは、これまでになくその距離が狭まってきていると思います。大ヒットしたコンテンツの多くがゲームとアニメ双方を同時展開しています。マーベラスの音楽映像事業部は、アニメや音楽の制作に加えてそれにまつわるイベントなども展開しています。単純に言うと、様々なエンターテイメントカテゴリーからゲームとライブエンターテイメントを除いたものを展開しているとイメージしていただければ分かり易いかもしれません。マーベラスは柱となる5つの事業のポートフォリオ経営を行っていますが、音楽映像事業部はIPを育てていくという役割も担っていると考えています。

Q2.求める人物像は?

まず、最低限エンターテイメント・コンテンツが好きな人。そして、ビジネスを俯瞰して見ることの出来る人。言葉を選ばずに言いますと、アニメだけが好きな人は求めていません。先ほど、アニメとゲームの距離が近づいていると言いましたが、「アニメ」と「ゲーム」は近い存在ですが、それぞれの間にはまだまだ見えない「垣根」があります。それを相互に効果的にシナジーを生み出していくためには、「共感」が必要だと考えています。相手のことをよく理解しておくことが重要です。
ですから、「自分はゲーム業界出身だけれども、アニメもやってみたい」…そんな人を歓迎します。例えば、ゲームのプロモーション業務の経験者と一緒に働いてみたいと思っています。言うまでもなく、相互に理解を深めていくためには「コミュニケーション力」は重要です。
要は、「マーベラスが勝ち残れるための人材」を求めています。

Q3.音楽映像事業部でのスキルアップ、ステップアップについて、どのようなことをイメージしたらよろしいでしょうか?

最終的には、「IPの総合プロデューサー」を目指していただきたいと思います。音楽制作や映像やアニメ、イベントなどのプロデュース業務を経験して、コンテンツを立ち上げていくためのまとめ役、製作委員会のコントロール、権利調整、宣伝・プロモーション業務など様々な経験しながらスキルアップしていただき、最終的には、マーベラスの大きな経営課題でもある自社IPの立ち上げ、プロデューサーを目指していただきたいと思います。